キッチンのキャビネット(食器棚)を100均グッズで、ちょっとオシャレに使いやすく

キッチンで食器棚として使用している無印良品の「キャビネット」を100均グッズなどを利用して、ちょっとオシャレに使いやすくしました。

  • 151627
  • 511
  • 0
  • いいね
  • クリップ

古い食器棚を断捨離する前のキッチン

キッチンには、大きな食器棚とスチールラックがありました。スチールラックには炊飯器、電子レンジ、コーヒーメーカーを置いています。

キッチンに物が多いわけではないですが、何となくごちゃごちゃした雰囲気でした。収納に統一性がなかったのが、原因の一つだと思います。

そこで、スッキリしたキッチンにするべく、思い切って食器棚とスチールラックを断捨離しました。

古い食器棚を断捨離した後のキッチン

キッチンの新しい収納家具は、無印良品の「ウォールナット材キャビネット大」です。新たに購入したのではなく、和室に置いていたものです。

キャビネットをキッチンに移動させるため、キャビネットに収納していたものは100均グッズを活用して違う場所に収納しました。

古いカラーボックスをセリアの「リメイクシート」で新品同様にリメイクして再利用し、ダイソーの「フタ付きBOX コミック」にはコミック本を収納し、キャンドゥの「プレーンボックスL」にはサイズの大きな本を収納しました。

キッチンに置いたキャビネットを使いやすく

キッチンに置いた無印良品のキャビネットには、食器などを収納するだけでなく、調理家電も置きました。ごちゃごちゃしていたキッチンが一気にスッキリです。

そのままでは使いにくいので、ちょっと工夫をしました。

セリア「コンロ・レンジマット」を敷いて調理家電を置く

キャビネットの上に置いているのは、炊飯器、電子レンジ、トースターです。使っていると、食材を落としたり、こぼしたりして、キャビネットの天板を汚してしまいます。

そこで、「100円ショップのSeria(セリア)」の「コンロ・レンジマット」を買ってきました。

「コンロ・レンジマット」は、水・油・汚れなどに強く、濡らした布巾でさっと拭くだけできれいになります。

大きさは55cm×70cmで、価格は1枚で100円(税別)です。

柄は、いろいろありましたがオシャレなレンガ風にしました。

「コンロ・レンジマット」は、以前、キッチンのスチールラックに敷いていたベニヤ板をリメイクするために利用したことがあります。

キャビネットの大きさに合わせて、「コンロ・レンジマット」をカッターでカットします。1枚では足りないので、2枚用意しました。

接続部分は柄が合うように調整し、マットがずれないように裏面をテープで留めました。

キャビネットに「コンロ・レンジマット」を敷いて、調理家電を置きました。汚れ防止はもちろんのこと、レンガ風の柄がちょっとオシャレですよね。

セリア「コンロ・レンジマット」を敷いて食器を収納

さらに、「コンロ・レンジマット」が余ったので、キャビネットの引き出し内に敷くことにしました。引き出しには、コップ、ちゃわん、お皿などを収納しています。

食器洗い乾燥機で乾燥してから食器を収納していますが、水分が残っていることもあるかもしれません。そこで、水にも強い「コンロ・レンジマット」を敷いたらバッチリです。

引き出しの大きさに合うように「コンロ・レンジマット」を加工しました。

引き出しの中も、ちょっとオシャレになりましたよ。

セリア「食器棚シート」を敷いて食器を収納

キャビネットの開き戸の中には、食器を収納しました。そのままでも良いような気もしますが、食器を出し入れするとき、キャビネットの棚板にキズが付きそうです。

それに、食器を出し入れするときに、食器がガチャガチャとして、食器自体も傷つきそうな心配もあります。

そこで、「100円ショップのSeria(セリア)」の「食器棚シート」を買ってきました。食器棚の中も楽しくなり、食器がすべりにくくて使いやすくなります。

大きさは30cm×300cmで、価格は1枚で100円(税別)です。

「食器棚シート」はちょっとかわいい、チェック柄にしました。

棚板の大きさに合わせて、「食器棚シート」をハサミで切っていきます。ハサミで切る前に、巻きぐせや折ぐせがついているので、逆巻きや逆折にして平らにしました。

キャビネットの棚板に「食器棚シート」を敷いて、食器を収納しました。

何も敷いてないときより、食器棚の中が華やかになります。食器を出し入れしても、ガチャガチャとならないのもいいですね。

無印良品の整理グッズを使ってお箸などを収納

お箸、スプーン、フォークなどを整理整頓して収納するために、無印良品の「ポリプロピレンデスク内整理トレー」と「ポリプロピレン整理ボックス」を利用しました。

キャビネットの引き出しに無印良品の収納グッズを入れて、お箸などを収納しました。

キレイに整理整頓できました。

しかし、引き出しのサイズとピッタリではないので、開け閉めのときにちょっとズレてしまいます。ジャストサイズの収納グッズは、なかなかないですよね。

プラダンシートを敷いて鍋を収納

キャビネットの開き戸の中には、圧力鍋と土鍋を収納しています。

何も敷かずに収納すると、鍋は重いので出し入れするたびに、棚に傷がつく恐れがあります。

そこで、プラダンシートを敷くことにしました。プラダンシートとは、プラスッチクダンボールのことで引っ越しなどで養生に使用されるものです。

プラダンシートはカッターで簡単に加工することができます。ホームセンターで購入してきました。

プラダンシートを棚の大きさにカットして、敷きました。

これで、鍋を出し入れするときに、棚に傷が付く心配はありません。食器棚シートと違いオシャレ度はありませんが、丈夫さを優先させました。

まとめ

キッチンに置いたキャビネットを使いやすくするために、100均グッズなどを利用しました。

「コンロ・レンジマット」と「食器棚シート」は、汚れが酷くなれば交換すればいいですよね。また、キッチンの雰囲気を変えたいときには、柄を変えればキッチンの雰囲気がガラリと変わるはずです。

100均グッズなのでお手軽に交換できるのが、うれしいです。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 151627
  • 511
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

断捨離で物を減らし、100均グッズや無印良品の収納グッズで片付けをして素敵な生活を目指しています。

ツテさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード