【Part2】話題の花火問屋に行ってみた♪ 花火コーディネート編

前回は、長谷川商店さんで実際に花火をコーディネートしていただいた様子をご紹介しました!そしてPart2の今回は、店主の長谷川さんからお聞きした花火コーディネートのお話です♪

  • 1769
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

花火コーディネーターって?

こんにちは、LIMIA編集部のまみたす。です。

前回は実際に、長谷川さんにコーディネートをしていただいた様子をご紹介しました。

長谷川商店では、お客さまが実施するミニ花火大会のプロデュースをしてくれるんです! 学校や地域、サークルなど、全国各地からお問い合わせが来るそうです。

花火大会って、いざやるとなってもどんな花火をどれくらい買ってきたらいいかわからないもの。
でも長谷川商店さんでは使う花火を選んでくれるだけではなく、演出もコーディネートしてくれるんです!

実際に、山形の高校のコーディネートの内容を見せていただきました。
花火の配置、どのタイミングで何の花火に点火をするのかが書かれた進行表など、本格的な資料がたくさん出てきてスタッフはびっくり!

だってこれ、花火の購入費だけでやってくれるんです。

さらにすごいのが動画で着火の仕方も説明してくれるというから驚きです。

お話を伺っていると、長谷川さんの地元にある幼稚園の花火大会の話に……。
「父親の頑張ってる姿を、子供たちに間近で見せてあげたい」ということで、子供達目の前で煙の少ない花火を使って演出をしたそうです。

そこの幼稚園は、長谷川さんのお子さんも通われた幼稚園。
「僕もいい加減、卒園させてくれねぇかなぁ」なんて冗談も(笑)。

花火大会のプロデュースを依頼するお客さんは、ほとんどの方がリピーターになり、毎年お願いされるそう。
「周りから、今年はまだやらないのかって急かされたから来たよ!」、「評判が良くて、町内会からの予算増えたんで今年も頼みます」なんてことも。
長谷川さんの人望と、プロデュースにファンの方が多い証拠ですよね!

長谷川さんは、花火大会のプロデュースについて、「大きなお世話なんだけどね」と一言。でもその大きなお世話がこれだけの人を動かし、毎年楽しみにしている人がいると思うと素晴らしいことですよね。

「電話一本くれればやるって言ってるのに、わざわざ新潟からくるお客さんもいるんだよね」と長谷川さん。リピーターの方でも、毎年欠かさず、暑い中お店に足を運ぶ人がほとんどだそう。

会って、選んで、コーディネートをする。
お客さんの想いを受け取って、花火をコーディネートするのが、長谷川さんの大切にしていること。「会うのが商売の基本。ネットじゃこれはできない」と長谷川さんが仰っていましたが、実際にお店に行って体感をして、その通りだと改めて感じました。

最終回! コーディネートしてもらった花火で遊んできた♪

さぁ、最終回はコーディネートしていただいた花火を実際に遊んで来たので、その様子をご紹介します♪
変わり種から定番まであるのでぜひチェックしてくださいね!

-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-

筆者プロフィール

名前:まみたす。

東京生まれ東京育ちの女子大生。1月生まれのO型。
バンギャ活動とアニオタ活動のために日々働く。生息地は都内のライブハウス。
口癖は「ねむい」。


LIMIAからのお知らせ

GoToトラベルで最大50%お得✨
「楽天トラベル」ならクーポン併用最大2枚まで可能。さらにポイントキャンペーンも開催中!
楽天ポイントも貯まる!プラン・リーズナブルから高級まで楽天限定プランも続々!

  • 1769
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家族でお得に出かける旅情報!人気の温泉宿やテーマパーク近くのホテル、観光スポット、交通機関の利用方法など、思わず「おでかけ」したくなるような情報をLIMIA目線…

おすすめのアイデア

話題のキーワード