トイレの黄ばみ掃除はクエン酸で!床や壁にも使えるスプレーを作ろう

なかなか汚れが落ちず、悪臭も取れにくいトイレの掃除には、クエン酸が活用できます。汚れ落としや防止に効果が期待でき、強い成分ではないため体にもやさしいのが特徴です。トイレ掃除での効果的なクエン酸の使い方を紹介します。

  • 19462
  • 138
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家中の掃除に大活躍のクエン酸

クエン酸は、重曹と並んで「ナチュラルクリーニング」で人気のアイテムです。どんな成分で、トイレ掃除にどんな使われ方ができるのかを見ていきましょう。

食品にも含まれる成分

クエン酸の「クエン」とは中国産のミカンの一種から取られた名前で、かんきつ系などに多く含まれる成分です。

同じ酸性の物質では、酢の成分である「酢酸」も有名です。酢酸には揮発性による刺激臭がありますが、クエン酸には揮発性がないため、ツーンとくるような臭いはありません。

酢酸も掃除の際に使うとかなり効果的な物質ですが、臭いが苦手な場合にクエン酸は同じ酸性の物質として役立ちます。

こんなトイレの汚れに使える

汚れの種類は、酸性とアルカリ性の2種類に分けられます。酸性の汚れはカビや黒ずみ、アルカリ性の汚れは黄ばみや尿石、水垢などがあります。

クエン酸は酸性であるため、アルカリ性の汚れである黄ばみや尿石、水垢などに効果を発揮する成分です。

一方で、カビや黒ずみなど酸性の汚れはアルカリ性の洗剤が有効であるため、クエン酸では汚れを落とす効果は発揮されにくいといえます。

クエン酸を掃除に利用する際は、落としたいトイレの汚れの種類も考慮する必要があるといえるでしょう。

タンクには入れないなど注意点を知ろう

酸性洗剤のクエン酸を使う場合、素材に対して注意が必要です。

大理石などの石材は、アルカリ性の性質であるカルシウムやマグネシウムが多く含まれます。クエン酸で掃除をすることにより、ツヤが消えてしまう場合があるので気を付けましょう。

同様に、タイルなどに使われるコンクリートもアルカリ性の性質を持つため、クエン酸によって劣化が早まる可能性があります。

鉄など金属への使用も控えましょう。鉄の表面にある小さい傷からクエン酸が浸入し、酸化させてサビを発生させます。

トイレ掃除においては、タンク内にある器具を傷めてしまう可能性があるため、使用はタンクのふただけに留め、タンクの中に入れないようにしましょう。

クエン酸スプレーを作ろう

クエン酸スプレーは自分でも簡単に作ることが可能です。クエン酸を入手し、掃除に役立つクエン酸スプレーを作ってみましょう。

クエン酸はどこに売ってる?

クエン酸は掃除に役立つ成分として世の中に広く知られているため、100円ショップやスーパーなどで簡単に手に入ります。

クエン酸には種類があり、掃除に使うのは「掃除用」や「工業用」と呼ばれる物で、「食用」のクエン酸とは区別する必要があるでしょう。

食用のクエン酸は成分の純度が高く、その分高価です。掃除用のパッケージを確認して購入しましょう。

製品のパッケージには、「シンクや洗面所、浴室の水アカ、石けんカスに」などと書いてあります。このような掃除の用のクエン酸はトイレ掃除にも使えます。

同時に、使えない素材なども明記されているため、併せて購入時にチェックするようにしましょう。

作り方は水に溶かすだけ

クエン酸スプレーで使うクエン酸水は、水100ccにクエン酸大さじ1杯ほどを混ぜるだけで簡単に作れます。

霧吹きが付いているスプレー容器も、100円ショップやホームセンターなどで販売されているため、併せて用意しておきましょう。

汚れの部分にクエン酸水をかけ、トイレットペーパーをかぶせてパックのような状態にします。

1~2時間ほど置いたあと、ブラシなどでこすれば、酸性洗剤が効果を発揮する汚れに対し、洗剤としての力を発揮してくれるでしょう。

クエン酸スプレーの使い方

汚れの種類や状況ごとに適したクエン酸スプレーの使い方を紹介します。天然由来のクエン酸で、きれいを保ちましょう!

尿石予防に

便器のフチ裏には、尿の跳ね返りが付きやすく、尿のたんぱく質などが石のように固くなっていくことがあります。

このような汚れを『尿石』といい、強い酸性洗剤でないと落ちにくいため、できてしまうと非常に厄介です。

クエン酸は、尿石の付着を防止する効果が期待できます。普段からフチ裏にもクエン酸スプレーを吹きつけ、ブラシでしっかりこすっておきましょう。

こすった後に拭き取る必要はなく、このような掃除を月に数回行っておけば、尿石の付着防止に役立ちますよ!

手が届きにくいフチ裏はペーパーでパック

小さい子どもがいる場合は、トイレに強い洗剤を使いたくないと思うこともあるでしょう。そんなときにもクエン酸での掃除は便利です。

クエン酸は自然由来の成分であるため、酸性の成分が強いわけではありません。強酸性に抵抗がある場合は、掃除アイテムとして積極的にクエン酸を利用しましょう。

一方で、市販の酸性洗剤に比べて効き目がおだやかです。水に溶かして使う点や、汚れにつけてからの待ち時間が長い点を理解しておきましょう。

頑固な汚れを一発で落とすような物ではないため、根気よく掃除を続けていきましょう!

壁や床に使って汚れと臭いを除去

トイレの掃除は便器が中心になりがちで、壁や床の掃除がおろそかになることは多いでしょう。便器をきれいに掃除しても、悪臭が取れない場合は、壁や床に付着した汚れが原因である可能性が高いといえます。

しかし、トイレ内の壁や床に付着している汚れは、それほど頑固ではない場合がほとんどです。このような軽い汚れなら、クエン酸スプレーで落とすことが十分に可能です。

壁や床で気になる場所があればその部分にスプレーを吹きかけ、ぞうきんなどで拭きましょう。膝より下の高さに汚れが付きやすいため、下側の壁や床は全面に吹きかけて掃除をしてもよいでしょう。

このように、軽い汚れに対し大きな効果を発揮することが期待できます! 壁や床以外でも、気になる場所には積極的に使ってみましょう。

歯ブラシで蛇口を磨く

トイレ内の細かい部分を掃除する場合にも、クエン酸を使えば便利に掃除できます。

例えば、蛇口部分の汚れが気になる場合は、白く曇った水垢にスプレーを吹きかけ、使い終わった歯ブラシで磨きましょう。

また、蛇口周りにも拭きかけ、しばらく時間をおいた後にぞうきんなどで拭き取ればきれいになります。

蛇口以外にも、大きなブラシなどで掃除がしにくい細かい部分があれば、歯ブラシで磨くことで輝きを取り戻せる可能性があります。

重曹をプラスしてパワーアップ

クエン酸の掃除には、重曹を加えることでより一層の効果が期待できます。

重曹はクエン酸と同じく、掃除で使う物として広く知られるようになってきたため、100円ショップやホームセンターの掃除用具コーナーなどで簡単に入手できますよ!

ガンコな黄ばみに重曹とクエン酸をかける

クエン酸だけでは落ちにくい頑固な汚れには、重曹を加えてみましょう。

重曹とクエン酸を一緒に使う場合は、スプレーの液に両方を混ぜるのではなく、最初に重曹をふりかけ、後からクエン酸をかけるという流れで使います。

重曹はアルカリ性の性質を持つため、クエン酸では落ちにくいアルカリ性の汚れにも効果を発揮してくれます。

しばらく放置して軽く拭くだけ

重曹は、クエン酸を吹きかける前に、汚れが気になる部分にふりかければ大丈夫です。重曹が十分に湿るまで吹きかけましょう。

1時間ほど放置したら、ブラシやスポンジなどで磨き、水で流せば完了です。

クエン酸単体ではなかなか落ちにくい汚れも、このように重曹をサッとふりかけることで、より落としやすくなります。

クエン酸はコスパ高いナチュラル洗剤

クエン酸は比較的安価に入手でき、汚れ落としや汚れ防止に役立つ、頼もしい物質です!

重曹と併せて利用することで、さらに大きな効果が期待できます。トイレの気になる汚れに対し有効活用しましょう。

  • 19462
  • 138
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア