あなたのお家は大丈夫?外壁を今すぐ塗り直したほうが良いサインはコレをチェック!

雨風から守ってくれる外壁ですが、年月の経過とともに徐々に劣化してきます。外壁の劣化を抑えるためには、定期的に外壁塗装を行わなければなりません。しかし、実際にどのようなタイミングで外壁塗装を行うべきかかなり迷うところです。ここでは、外壁塗装を行う必要がある症状とタイミングについて解説します。

リビン・テクノロジーズ株式会社
  • 9088
  • 7
  • いいね
  • クリップ

定期的に外壁塗装をするべき理由

※写真はイメージです

定期的に外壁塗装を行う理由は、年月の経過とともに外壁が劣化するためです。頑丈な外壁であっても紫外線や雨風などに常にさらされていれば、塗膜の柔軟性が損なわれひび割れや塗装剥がれなどが起こりやすくなります。

最初の段階では特に問題は起こりませんが、外壁塗装を行わないままにすると雨漏りやシロアリの発生など、さまざまなトラブルが引き起こされます。最悪の場合は構造部劣化によって家の倒壊リスクが高くなることも……。

外壁塗装の目安は10~15年

塗料の耐用年数は一般的には、10~15年程と言われています。材料によって20年以上保てるものもありますが、10年前後のスパンで外壁塗装を考えた方が良いでしょう。

もし少しでも長く保たせたい場合は、定期的に外壁を掃除するのがおすすめ!
外壁に付着した汚れを落とすだけでも、塗料の劣化を遅らせられます。

外壁を塗りなおすべき症状

※写真はイメージです

外壁塗装は10~15年スパンで塗り直した方が良いですが、「自分が住んでいる家の外壁の耐久年数がいまいち分からない」という方もいることでしょう。しかし外壁の劣化次第では、今すぐに外壁塗装を行うべき症状がいくつかあります。

塗装のひび割れが目立つ

塗装のひび割れが目立つ場合は、劣化がかなり進行しているサインです。
塗りたての外壁は多少の衝撃があってもひび割れは起こりません。しかし紫外線や雨風などの刺激を受け続ければ徐々にひび割れが起こるようになります。

塗装剥がれが起きている

外壁の塗装剥がれはかなり要注意です。外壁材がむき出しの状態になっているため、紫外線や雨水、汚れなどのダメージを直接受けてしまいます。外壁材がダメージを受けてしまうと、劣化により深刻な雨漏りの原因にも......。

こうした深刻な建物のトラブルを起こさないためにも、塗装剥がれがあれば早急に外壁の塗り直しをしましょう。

変色や色あせが目立つ

外壁の変色や色あせも劣化が進んでいる証拠。一見何も問題なさそうに見えても症状がかなり進行していれば、ひび割れを引き起こすようになります。

外壁の変色が起こる原因は、太陽の紫外線による影響やカビの発生、藻の繁殖などさまざま。
カビや藻の場合は洗剤と水を使って綺麗に洗い流せますが、紫外線の場合は塗料自体がダメージを受けているので、新しい塗料で塗りなおさなければなりません。

チョーキング現象が起きている

外壁を指でこすった際に、白い粉のようなものが付着していれば劣化が進んでいる可能性が高いです。これはチョーキング現象と呼ばれるもので、塗料の劣化に伴い顔料が表面に出てきます。

チョーキング現象は肉眼では問題がなさそうに見えますが、早急な塗り直しが必要です。防水機能が衰えているので放置すれば雨漏りが起こりやすくなります。

コーキングが剥離している

※写真はイメージです

コーキングとは、外壁の隙間をふさいでいる部分のこと。外壁材のつなぎ目の役割を担っており、気密性や防水性の機能を持ち合わせているのが特徴です。

そんなコーキングですが劣化に伴いつなぎ目としての機能が低下してしまいます。特にコーキングが剥離状態になれば、水が建物内部に侵入するため注意が必要です。コーキング劣化による雨漏りを防ぐためにも、隙間や破損がないかしっかりチェックしましょう。

外壁塗装を行うベストな条件

塗装のひび割れや剥がれ、チョーキング現象などが起きた場合は、早急に外壁塗装を行う必要があります。しかし、外壁塗装を行う際はタイミングも重要です。

悪い条件で外壁塗装を行ってしまうと、再塗装や症状の悪化に繋がりやすくなります。外壁塗装を行う際は、ベストなタイミングも頭の中に入れましょう。

晴れている日に行う

外壁塗装を行う際は、晴れている日がベストです。雨や雪の日に外壁塗装を行ってしまうと、塗料が薄くなったり、水分で塗料が落ちてしまったりしてしまいます。そのため、梅雨や雪が降りやすい時期は、なるべく外壁塗装を避けた方が良いです。

もし雨量の多い季節に外壁塗装を検討されている場合は、事前に天気予報をしっかりチェックしましょう。

気温が5℃以上

外壁塗装を行う際は、気温が5℃以上でなければなりません。「晴れていれば問題ないのでは?」と考えがちですが、気温が5℃を下回ってしまうと結露や霜などによって生じた水分で、塗料が密着しにくくなります。さらに氷点下以下の気温になれば、塗料自体が凍結して固まることも……。

もし冬場に外壁塗装を行いたい場合は、10~11月か暖かくなる3~4月にしましょう。

湿度が85%以下

外壁塗装を行う際は、湿度の高さにも注意しなければなりません。特に湿度が85%以上になると、空気中の水分が塗料と混ざりやすくなるため、塗料ムラが生じやすくなります。晴れの日でも梅雨や夏の季節は湿度が高い傾向にあるので、しっかりチェックしましょう。

外壁塗装は自分で行うべき?

※写真はイメージです

結論から言うと、外壁塗装は業者への依頼が得策です。外壁塗装の経験がありなおかつ必要な道具(水洗い機や養生道具、塗料、ローラー、脚立など)が揃っていれば、自力で塗装を行えますが、仕上がりの不十分さや事故のリスクなどさまざまな問題があるためおすすめできません。

正確に外壁塗装を行うためには、業者に頼るのがベスト!
コストはかかりますが、自宅に合った塗料の選定や綿密な施工プランを組んでくれるので、信頼できる業者にお願いしましょう。

外壁塗装業者選びのポイント

※写真はイメージです

初めての外壁塗装はプロの業者に依頼するのが得策ですが、業者選びには注意が必要です。もし悪質な業者に依頼してしまった場合は、施工不良による外壁塗装の不具合や高額な料金請求などのトラブルに巻き込まれやすくなります。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには、業者の情報収集を行うことが重要です。

塗装技能士が所属している業者を選ぶ

プロの職人に塗装依頼をしたい場合は、塗装技能士が所属しているところを選びましょう。塗装技能士は二級塗装技能士と一級塗装技能士の2種類がありますが、一級塗装技能士は7年の実務経験と一定基準以上の技術を持ち合わせているのでおすすめです。

反対に全く塗装技能士が全くいない業者は、注意しなければなりません。実務経験が乏しく塗料に関する知識も薄い可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。

自社施工で対応してくれるか

外壁塗装を依頼する際、「依頼した会社が対応してくれる」と思われがちですが、下請けや外注に施工を任せているケースがあります。下請けや外注依頼する業者が全て悪いとは言い切れませんが、悪質な業者に依頼してしまうと杜撰な施工サービスを受けるリスクが高いです。

最悪の場合は、1年以内で塗膜が剥がれるといった事態が起こることも……。もし依頼した業者に対応してもらいたい場合は、自社施工をしてくれるところかどうかしっかりチェックしましょう。

施工実績を提示している

外壁塗装業者を選ぶ際は、施工実績を公開しているところを選びましょう。具体的な施工実績が提示されていないところは、しっかりサービス対応をしてくれかどうか不明確なので判断が難しいです。反対に施工実績が明示されているところは、どんなサービスを行っているのか分かるため優良事業者といえるでしょう。

公開内容は業者によって異なりますが、写真付きでかつ具体的な施工内容が明示されているところを選ぶのがおすすめです。

見積もりを複数社から取り寄せる

外壁塗装にかかる相場は、外壁の規模や塗料の種類、劣化の進行具合などによって変わるため、明確な金額の設定は難しいです。もし相場について詳細に調べたい場合は、複数社から見積書を取り寄せましょう。複数社の見積もりを比較することで、外壁塗装にかかるおおよその相場が把握しやすくなります。

ちなみに極端に安かったり高かったりする業者は要注意です。料金に対して悪質なサービス提供をするリスクが高いので避けるようにしましょう。

外壁塗装業者選びで迷ったら?

※写真はイメージです

もし外壁塗装業者選びで迷った場合は、「ぬりマッチ」を利用するのがおすすめです。

「ぬりマッチ」は、塗装が初めての方や相場が分からない方、業者の選定方法が分からない方におすすめの無料見積もりサービス!厳しい審査を通過した企業のみが加入しているため、質の高いサービスが受けられます。

加盟店は全国規模なので、エリアごとに業者選びができるのが魅力です。

4ステップで施工会社が選べる

  1. 1.公式サイトから無料相談を受ける
  2. 2.ヒアリングを元に厳選した施工業者を紹介
  3. 3.業者の見積書を受け取り、比較検討
  4. 4.利用したい施工会社と契約

「ぬりマッチ」の利用方法はいたってシンプル!たった4ステップで気に入った業者と契約できるため、初めての方でもスムーズに施工会社が見つけられます。気になった方は、ぜひ無料相談から受けてみてください。

[PR]リビン・テクノロジーズ株式会社

  • 9088
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア