ロールスクリーンのメリットとデメリットは?おすすめの商品もご紹介♪

シンプルでスタイリッシュな見た目が人気のロールスクリーン。
一般的なカーテンよりも洗練された空間に仕上がり、インテリアとして優秀です♪

この記事では、ロールスクリーンのメリットとデメリットについて詳しく解説します。
おすすめの商品も併せてご紹介するので、ロールスクリーンの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

SAKURA株式会社
  • 9124
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ロールスクリーンとは?

※画像はイメージです

ロールスクリーンとは、スクリーンと呼ばれる生地を上下に昇降して開閉するタイプのカーテンのことです。カーテンを開く際は、上部に取り付けるロールパイプで生地を巻き取って収納します。
スクリーンの生地は、表面が加工されたロースクリーン専用のものが多いです。

一般的なカーテンが横に開くのに対し、ロールスクリーンは上下に開閉するので、生地を好きな高さに調節することができるのも嬉しいポイントです♪
窓を覆う以外にも、部屋の仕切りやスクリーンの代わりなど、アイデア次第で幅広い使い方ができます!

ロールスクリーンの操作方法をチェック!

ロールスクリーンには、大きく分けて以下の2つの操作方法があります。

  • プルコード式
  • チェーン式

プルコード式は、スクリーンの下についているプルコードを引っ張ることで上下するタイプです。

ワンタッチ操作が可能で、簡単にスクリーンを上下させたい方におすすめです!
床近くまである窓に設置すると、操作がしづらいデメリットがあります。

チェーン式は、チェーンを引っ張ってスクリーンを上下させるタイプです。
かがまずに操作ができ、スクリーンの高さの微調整がしやすいのが特徴です!

ロールスクリーンのメリット

※画像はイメージです

近年人気のロールスクリーンですが、取り付けるメリットは以下のポイントが挙げられます!

  • スッキリとした見た目
  • コンパクトに収納できる
  • 小さい小窓に使用が可能!
  • 日差しの調節がしやすい
  • 空間の仕切りとしても大活躍♪

ロールスクリーンのメリットはたくさんあります♪
一つひとつ詳しく見ていきましょう!

スッキリとした見た目

※画像はイメージです

ロールスクリーンの大きな魅力は、見た目がスッキリしているところです。
ドレープがあるカーテンと比較して、ロールスクリーンはモダンでスタイリッシュな印象を与えます。

また、ロールスクリーンは生地の表面がフラットなので、プリントされている絵柄が映えるのも嬉しいポイント♪
カーテンとしての役割だけでなく、部屋の印象を変えるおしゃれなインテリアや壁紙の代わりとしても優秀です!

可愛い絵柄のロールスクリーンがさまざまなブランドから発売されているので、チェックしてみてください♪

コンパクトに収納できる

※画像はイメージです

ロールスクリーンはスクリーンロールに巻きつけてコンパクトに収納できるので、余計な幅を取らず部屋を広く見せることができます!

一般的なカーテンと比べて、窓付近のスペースを有効に使えるのもおすすめポイント♪
幅を取らない分、窓の前に棚を設置していたり、植物を置かれている方にも使い勝手が良いです!

小さい小窓に使用が可能!

一般的なカーテンが設置できない小窓など、幅広い形の窓に使用できるのもロールスクリーンの大きな魅力です。

縦長や正方形の小窓など、ロールスクリーンを活用することで絵画のような役割も果たしてくれます!
大きい窓はシンプルなロールスクリーンがいいという方も、小さい窓なら少し遊んでみてもいいかもしれません♪
使い方次第で、一つのおしゃれなインテリアとして活用できるのでおすすめです!

日差しの調節がしやすい

ロールスクリーンは、部屋に差し込む光の調整ができるのも魅力の一つ!

一般的なカーテンは左右に開閉するため、全開にするか閉じるかの二択です。もちろん中途半端に開けることもできますが、見た目のスタイリッシュさに欠けてしまうということも。
日差しの調節をするには、あまり向いていないと言えるかもしれません。

それに対してロールスクリーンは上下に開閉し、好きな高さで止めることができます。
そのため、太陽の位置に合わせて日差しを調節しやすいです。
中途半端な位置で止めても、洗練された雰囲気はそのままなのも嬉しいポイント♪

空間の仕切りとしても大活躍♪

ロールスクリーンはカーテンとしてだけでなく、部屋や空間の仕切りとしても活用できます♪

部屋の中で少し隠しておきたいスペースや、仕切りがほしいと思うときに大活躍するのがロールスクリーン!
天井に設置してスクリーンを下ろせば、簡単に仕切りを作ることができます。
コンパクトに収納できるので、ロールスクリーンを使わないときに幅をとることもありません。

キッチンとダイニングの仕切りや、押入れなどの収納スペースの目隠しなど、さまざまな場所で使用できます。
用途や部屋のイメージに合わせて、素材や絵柄を選んでみても良いかもしれません♪
透け感のある麻のロールスクリーンも、お洒落な仕切りとしておすすめです♡

ロールスクリーンのデメリット

※画像はイメージです

多くのメリットとは反対に、場合によってはロールスクリーンの設置に向かないこともあります。

  • サイズに制限がある
  • 隙間から光が差し込む

設置したいけど、「目的や用途に合わない!」ということがあるかもしれません。
ロールスクリーンのデメリットについても、詳しくみていきましょう!

サイズに制限がある

ロールスクリーンのデメリットは、大きさに制限があることです。

オーダーできるロールスクリーンでも、横幅のサイズに上限がある場合が多いです。
幅をとる大きな窓だと設置ができない可能性があるので、必要なサイズを測ってから検討してみてください!

隙間から光が差し込む

ロールスクリーンは窓に対して平行なため、どうしても窓とロールスクリーンの間に隙間ができてしまいます。
時間帯によっては隙間から日差しが入ってきてしまうので、完全に遮光しきれません。

しかし、布の遮光率が高いロールスクリーンも発売されているので「カーテンのような遮光率が欲しいけど、ロールスクリーンを設置したい!」という方には、そのような商品がおすすめです♪

おすすめのロールスクリーンはこちら!

※画像はイメージです

1級遮光ロールスクリーン

ベーシックなロールスクリーンを探している方におすすめなので、さくらインテリアの「1級遮光ロールスクリーン」です!
国内工場で一つひとつ丁寧に作られたロールスクリーンで、99.99%以上の遮光率を誇る、1級遮光に認定された生地を使用しています。外の光を気にせず、朝までぐっすり眠れるのが嬉しいポイント♪
紫外線も遮ってくれるので、フローリングや家具の日焼け防止にも効果抜群です!

その他にも、防炎機能や遮熱・保温効果にも優れています。
夏は太陽熱を遮断することで室内の温度が上がるのを防ぎ、冬は窓から入る冷気を防ぐ優れもの。
冷暖房効果をアップさせることで節電にもつながるので、電気代の節約にも繋がります♪

また、チェーン式のロールスクリーンなので、好きな高さに調節しやすいのも魅力の一つ!
カーテンレールに取り付けが可能なタイプなので、賃貸などの物件でも取り付けられるのが嬉しいですね♪

  • 99.99%以上の遮光率!
  • 日本の四季をイメージした豊富な色展開
  • 丁寧な国内生産

カラーは豊富な30種類!好みやインテリアに合わせて選ぶことができます♪

四季折々をテーマにしたカラー展開で、花や植物からイメージして制作されています♡
シックな色味からパステルカラーまで揃っているので、どんなお部屋の方でもお気に入りのカラーが見つかること間違いなし!

取り付ける窓のサイズに合わせてオーダーできるので、チェックしてみて下さい!

麻スクリーン

部屋の仕切りとして活躍しそうなのが、麻のロールスクリーン!
他にはない絶妙な透け感があるので、程よく視線を遮ってくれます♪
天然素材の麻を仕切りとして使用することで、カラフルだけどシンプルでナチュラルな空間作りが叶うのも嬉しいポイントです♪

麻は環境にやさしい素材としても注目されています!

3タイプの展開♪

さくらインテリアでは、「カーム」「ルーチェ」「スマート」の3タイプの麻ロールスクリーンが展開されています♪

麻の風合いを存分に感じたい方におすすめなタイプは「カーム」です!

3タイプの中で最も光を通すロールスクリーンなので、カーテンの役割を果たしながらも程よい日当たりが気持ち良い部屋に大変身♪

部屋の簡単な仕切りにも、雰囲気が出ておすすめです!

麻素材のロールスクリーンを設置したいけど、高い遮光率もほしいという方におすすめのタイプは「ルーチェ」♪
遮光率93%を誇り、透けにくいのが魅力ポイント。
麻素材の風合いは残しつつプライベート空間を作ることができます!

  • ナチュラルな空間作りが叶う♪
  • 豊富な色展開
  • 地球にやさしい天然素材

和モダンな空間に仕上げたい方におすすめのタイプが「スマート」です!
展開している色味や高級感ある佇まいが、大人でスタイリッシュな空間を叶えてくれます♪

天然の麻素材でありながら、和洋どちらの空間にも馴染むのも嬉しいポイントです♪

[PR]さくらインテリア

  • 9124
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア