自分でできるシロアリ駆除方法と注意点!プロが行う対処法も解説

シロアリ発生時の応急処置として、自分でできるシロアリ駆除方法をいくつかまとめました。シロアリ被害を放っておくと家の木材が食べられてしまい耐久性が下がる原因につながることがあるため、なるべく早めの対処がポイント。駆除の注意点や、業者に依頼するメリットなども解説します。

  • 987
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自分でできるシロアリ駆除方法は応急処置だけ?

家でシロアリが発生した際、自分で完璧に駆除することは難しいでしょう。

素人が自力で侵入経路を特定するために床下や屋根裏に入って作業をするのは危険性を伴います。また、シロアリ駆除は巣全体を取り除く必要がありますが、目の前にいるシロアリ数匹を退治しただけでは全てを駆除できたとは言えないからです。

そのため、薬剤を使った駆除はプロにお任せし、自分では応急処置をしておく程度で留めておきましょう。

ティッシュや粘着テープで応急処置を行う

  • ティッシュで潰す
  • 粘着テープで取り除く
  • 熱湯をかける

家のなかでシロアリを見かけた際は、慌てずにティッシュや粘着テープを使って駆除しましょう。

また、屋外やシンクで発見した場合は約70〜100℃の熱湯をかけて駆除できるので、やけどに気をつけながら対処してください。

自分でシロアリ駆除を行う際のポイントや注意点

自分でできる範囲のシロアリ駆除を行う際は、家の被害状況やそもそもシロアリかどうかを確認しておくことが大切です。

シロアリの被害状況をチェック

  • 床がきしむ
  • 壁や柱を叩くとコンコンと空洞音がする
  • 蟻道がある

まずは、家の被害状況やシロアリがどこから発生しているのかを確認することが大切です。

シロアリは暗く湿気のある場所が好きなので、洗面所や浴室、玄関などが発生場所になっていることが多いです。天井の雨漏りが侵入経路となっている場合もあるので家の隅々をしっかり点検してみましょう。

また、基礎や外壁周辺に土を固めたような茶色い蟻道(ぎどう)がある場合は、そこから家のなかに侵入している可能性もあります。

シロアリかどうか種類を確認する

提供:LIMIA編集部

日本の家屋を食害するのは主に「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」の3種類。シロアリの種類によって加害習性や駆除の難易度が異なるので見分けやすい羽アリや兵アリの形状、色をチェックしてみましょう。

特に木造家具に巣を作りやすいアメリカカンザイシロアリは発見や駆除が難しいため、自分で対処せずにプロに任せた方が安心です。

提供:LIMIA編集部

また、見かけた虫が実はクロアリやシロアリに似ている別の虫だったという場合も。シロアリの羽アリは、くびれがなく直線的な形状をしているのが特徴です。別の虫の場合は駆除方法が異なることもあるので、シロアリかどうか確認してみましょう。

スプレーのシロアリ駆除剤の使用は控える

提供:LIMIA編集部

シロアリの駆除方法のひとつに、ホームセンターに売っている市販の駆除剤を使って自分で退治する方法がありますが、自分で駆除剤を使うのは控えましょう。

目の前にいるシロアリの駆除としては活用可能ですが、わずかな隙間からシロアリが逃げてしまい発見しにくくなることや、被害が拡大する原因につながってしまうからです。

また、床下や屋根裏などに潜って作業をするのは危険を伴うため、駆除業者に依頼することをおすすめします。

LIMIA編集部
スタッフA
バルサンを使ってシロアリを駆除できる?
ゴキブリの駆除に使用するくん煙剤「バルサン」は、シロアリ駆除に使用ができると記載はないので使用は控えましょう。

※駆除剤を使う際は、商品の使用範囲を守り、子どもやペットの接触や誤飲、火災などの事故に十分気をつけてください。

害虫駆除業者が行うシロアリ駆除について

自分でできる範囲の応急処置を行ったら、本格的な駆除は専門の駆除業者にお願いしましょう。

ここでは駆除業者が行う「バリア工法」や「ベイト工法」といった駆除方法の違いや費用について解説するので、駆除を依頼する際の参考にしてみてください。

バリア工法やベイト工法で駆除を行う

メリット

デメリット

バリア工法

・即効性がある ・広い範囲を予防可能

・臭いやアレルギーが気になる方は注意

ベイト工法

・臭いが少ない ・巣全体を駆除できる ・薬剤が飛散しない

・費用が高め ・効果が出るまで時間がかかる

バリア工法は、基礎や壁、土壌など被害が発生した場所に穴を開けて薬剤を散布する駆除方法。即効性がありますが、薬剤を使うため子どもやペットがいる場合は注意が必要です。

ベイト工法は、駆除剤が入ったエサをシロアリがいそうな場所に仕掛ける方法。巣にエサを持ち帰ることで巣にいる仲間も退治できることや、薬剤を散布しないため安全性を意識したい場合に活用できるのが特徴ですが、即効性はないので早急な駆除が必要な場合には不向きです。

シロアリ駆除の費用の目安

  • 1㎡あたり約3,000円(1坪あたり9,900円)が目安

害虫駆除業者にシロアリ駆除を依頼した場合の費用の目安を編集部が調べてみたところ、1㎡あたり3,000円(1坪あたり9,900円)前後で、20〜30坪の一軒家の場合は、20万円前後が目安となりました。

ちなみに、価格の表記は「坪」単位と「㎡」単位があるので比較する際はチェックしておきましょう。

シロアリ駆除後も予防が大切!

  • 基礎や外壁周辺に木材やダンボールを放置しない
  • 部屋の換気を定期的に行う
  • 雨漏りがないか点検しておく

せっかくシロアリを駆除できてもシロアリが発生しやすい環境があることで、別の種類のシロアリが住みつき、被害が再発する恐れがあります。また、被害が広がって家の修繕費用が多くかかってしまうのを防ぐためにも、普段からしっかりと予防をしておくことが大切です。

シロアリの好物となるものを放置しないこと、湿度が高くジメジメした場所を作らないことが自分でできる予防のポイントなので、意識してみてくださいね。

シロアリ駆除や予防はシロアリ110番に依頼してみよう

プロが行うシロアリ駆除方法を自分で行うのは困難なので、シロアリ被害に遭ってしまった場合は、専門の駆除業者に依頼するのが安心です。

「シロアリ110番」は、シロアリ被害の状況やシロアリの巣があるかどうかを調査し、駆除や予防を行ってくれる専門業者です。電話やメールで相談が可能なので、検討してみてくださいね。

自分でできるシロアリ駆除方法に関するQ&A

Q1. シロアリ駆除は自分でできる?

A. ティッシュや粘着テープ、熱湯などを使った応急処置が可能です。

シロアリが発生した際は巣ごと駆除する必要がありますが、床下や天井裏に入っての作業は困難なので、専門業者に依頼しましょう。

業者に依頼するまでの応急処置として、目の前にいるシロアリをティッシュや熱湯などで自分で駆除することは可能です。

Q2. シロアリ被害を放っておくとどうなる?

A. 家屋の耐震性に影響が出る危険性があります。

耐震性に影響が出る、駆除費用以外に住宅の修繕費用もプラスでかかってしまうことがあるので早めの対処が大切です。

Q3. シロアリ駆除は何年おきに行うのがよい?

A. 5年に1度を目安にシロアリ防除を行うのが望ましいでしょう。

害虫駆除業者が使用する薬剤の効き目は約5年で切れるため、5年に1回を目安にシロアリ駆除・予防をすることが望ましいです。

シロアリに関するのその他の記事はこちら

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年12月)に基づいたものです。
※画像はイメージです。

  • 987
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

害虫駆除・害獣駆除のデイリーランキング

おすすめのアイデア