沖縄に行きたい人大集合!!リゾートホテルが豊富なあの村がオススメなんです♡

少しずつ、旅行を楽しめる日常が戻ってきた今。綺麗な海を見て癒されて…最高のバカンスを過ごしたいという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方にオススメ!沖縄県読谷村の魅力をご紹介します。フォトジェニックなスポットや、宿泊施設で使えるクーポンの返礼品など、見逃せない情報が盛りだくさん♡この機会にぜひチェックしてみてくださいね♪

沖縄県読谷村
  • 448
  • 0
  • いいね
  • クリップ

読谷村ってどんなところ?

読谷村は、沖縄本島中部に位置し、残波岬が突き出た半島のような地形をしています。

村の西側は東シナ海に面しており、その海岸線総延長は14kmにもなります。海岸線のほとんどは埋め立てや護岸がなく、自然のままの海岸が特徴で、特に砂浜からはきれいな夕陽を見ることができます。

東には、緑濃い山並み、西は東シナ海に面し、南は「比謝川」を境とし、北は景勝の地「残波岬」に囲まれた、美しい自然と豊かな伝統文化に育まれたところです。

読谷村には、歴史史実として世界遺産に登録された「座喜味城址」の他に「喜名焼」に代表されるヤチムン(焼物)等の伝統文化や各地の民族芸能が継承されています。
また、琉球三線音楽の始祖として讃えられる「赤犬子」のゆかりの地としても知られ、琉球音楽や島唄が盛んです。

景色を味わうならココ!残波岬!

※画像はイメージです。

残波岬は高さ30m前後の断崖が約2kmにも連なり、雄大な景観となっており、県内でも有数な景勝地で、岬の北側のエリアは海岸国定公園に指定されています。海岸線が人工化していないことでサンゴ礁を残し、イノーとよばれる礁湖が沖縄本島でも有数の広さを持つようになりました。そこには海の生き物たちの豊かな生態系があり、人にとっても心地よさを味わえる憩いの場所となっています。

お土産にぴったり!「やちむん」って?

※画像はイメージです。

沖縄を代表する伝統工芸「やちむん(焼物)」
沖縄では、焼物のことを「やちむん」と呼び、食器や雑器、泡盛の容器として永く愛用されてきました。

やちむん(焼き物)の里

1682年、琉球王府は沖縄各地にあった窯を首里城下に集め、壷屋窯が誕生しました。
この壺屋窯よりも古い窯が、読谷村喜名から発掘調査によって発見されています。

こで焼かれた焼き物は喜名焼と呼ばれ1670年頃に盛んに焼かれていましたが、その後、喜名焼の歴史は途絶えてしまいました。
1972年、壷屋にて焼き物をされていた金城次郎氏(故人)が読谷に工房を移しました。1980年には中堅の陶工4名が共同登窯を築き、初の窯出しとなりました。
この窯でできた焼き物を読谷山焼と称し、この共同登窯を中心としてやちむんの里が形成されました。

この里をベースとして読谷村内に多くの陶工たちが集まり、現在では村内各地に50余の窯元があります。
金城次郎氏は、1985年に沖縄初の人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されていて、読谷村は沖縄陶芸の歴史変遷の一端を担う場所となっています。

注目!「読谷やちむん市」♡

「読谷やちむん市」は、1993年に読谷村共同販売センターのオープン10周年を記念して始まったやちむん(陶器)市です。
毎年2月に開催される沖縄県内最大級のやちむん(陶器)市は他県にファンがいるほど大人気のイベント。

場所も現在のJAファーマーズゆんた市場ではなく、共同販売センターの施設内で開催されました。 そのイベントが、道路の大渋滞を起こすほどの大盛況となり、 翌年からは会場を「残波岬いこいの広場」に移しての開催となりました。

その後、2013年より場所をJAファーマーズゆんた市場に移し、今日まで20年以上に渡り発展継続して開催されています。
現在、イベント2日間の来場者数が約2万人ほどになり、県内の陶器市では最大規模のイベントとなっています。 会場まで足を運んでくださる皆様、関係各企業、村内各工房の尽力で開催できるやちむん市。
今後も素晴らしいイベントになること間違い無しです♪

どこに泊まる?迷った時はコレをみて!

  • ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
  • グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート
  • ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄

実は読谷村のふるさと納税返礼品は宿泊施設の宿泊券がたくさんあるんです♪
今回はおすすめのホテル3つをピックアップしてご紹介!
なんと、一休.com(国内宿泊予約)で寄附手続きをすると選んだ宿で使える割引クーポンが…!
ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♪

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

ようこそ、海辺のテラスへ
地域独自の自然景観を生かし、プライベートな居住空間を大切にした全室プール付きのヴィラは、休息の場所としてだけではなく、客室やプールサイドで提供するインルームダイニングや、ご家族やパートナーだけで寛いでいただける憩いの時間など、まるで別荘にいるかのようなリゾートステイを楽しむことができます。
ザ・テラスホテルズならではのサービスが、より充実したご滞在に!

グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

GLAMOROUS(魅力的な)DAY(1日)を過ごす、贅沢なくつろぎを愉しむ
沖縄本島、中部にある自然豊かな読谷村に佇む、全54室のスモールラグジュアリーリゾート。

全て50平米以上の客室にはバルコニーとデイベッドを備え、ゆったりとした安らぎの時間を堪能できます。
年中楽しめる温水インフィニティプールは、南国での非日常感を演出。
ホテルでのご滞在をより豊かにするラウンジサービスは、ご宿泊いただいた全ての方が利用可能。
上質なおもてなしで、大人のための優雅なリゾートステイを楽しんでみませんか?

ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄

珊瑚礁の海に囲まれた 光と影が織りなす悠久の楽園へようこそ
ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄は、スペイン語のAlivio(寛ぎ)とVilla(別荘)を組合わせた名前の国際級海洋リゾートホテル。
沖縄の自然に溶け込んだスパニッシュコロニアル風の外観と、美しい空間インテリア、温かなサービスで上質な旅のひとときを過ごしませんか?
自然の光が差し込む回廊、感性が光る見事な調度品、ヒューマンスケールを重んじた西欧風ミュージアムの気品が漂うメインロビー。一歩足を踏み入れたその瞬間から、良質のリゾートライフが始まります。

[PR]沖縄県読谷村

  • 448
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア