歴史や伝統を肌で感じられるまち♡佐賀県有田町は〇〇の町ってしってた?

有田町は佐賀県西部に位置し、黒髪連山や国見連山に囲まれた自然豊かな地域です。「陶磁器の町」としても有名で、その名は日本だけでなく世界に通じています。厳選された米や植物由来の飼料で育てられたありたどりに舌鼓。見て触れて食べて良しの佐賀県有田町から、まちの魅力とおすすめ品3つをご紹介します。

佐賀県有田町
  • 470
  • 3
  • いいね
  • クリップ

[PR]佐賀県有田町ってどんなまち?

自然豊かで陶磁器の生産地、有田町。朝鮮から移り住んだ李参平が礎を築き、陶磁器製法に磨きがかかりました。

白く艶やかな乳白色の素地に草花の葉脈や動物の毛並みまで緻密に表現した酒井柿右衛門の色絵陶磁器、柿右衛門様式(※)は世界に通じています。

※“柿右衛門財団 公式HP”参照

※画像はイメージです。

古い歴史や伝統は今もなお引き継がれ、時代に合ったデザインやフォルムは職人の技が光ります。食卓を華やかに彩り、料理を引き立てる普段使いの食器から赤や金色を使って豪華絢爛な食器まで。陶磁器ファンを飽きさせません。

その痕跡は1991年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定(※)された「有田千軒」から垣間見えるでしょう。

※“有田町 公式HP”参照

また、石田の小道に昔ながらの窯元が並ぶ大川内山を歩けば、歴史や伝統を肌で感じながら散策できます。17世紀頃、伊万里の港から海外へと輸出されたことから伊万里焼とも言われています。(※)

※“JTOPIA 公式HP”参照

有田市最大のお祭りと言えば、有田陶器市。毎年100万人以上の来場客で賑わいます。(※)JR上有田駅から有田駅までの約4kmの沿道に陶磁器店が500軒ほど並びます。朝8時から開店する店が多く、早朝の来場がおすすめ。

※“有田観光協会 ありたさんぽ 公式HP”参照

  • 春の有田陶器市は、半端品やB級品がリーズナブル。
  • 秋の有田陶器市は、新作が多い。春に比べると人が少ない。

秋の有田陶器市は、紅葉を眺めながら楽しめますよ♪

荘厳な自然を見渡せば黒髪山から水が流れる渓谷、竜門峡は観光地として有名。この水は「名水百選」や「水源の森百選」に選ばれています。(※)

※“有田町 公式HP”参照

また、独特の景観を持つ稲作地「棚田」も魅力的。

  • 岳の棚田は、石垣の曲線美が美しい、雲海が現れ神秘的な光景の朝になることも。
  • 立部の棚田で栽培された金柑は、丸ごと食べられ爽やかな果汁が口に広がります。
  • 原明の棚田は、作物を守っていると言われのある貴重な仏像がある。
  • 下内野の棚田は、令和2年国から指定された棚田。(※)中山間部を活かし棚田米が生産されたいる

※“さが棚田ネットワーク 公式HP”参照

伝統と食の文化が根付いています。

佐賀県有田町のおすすめ品をご紹介♪

【有田焼 陶磁器】富士カップペア金銀彩

佐賀県有田町とその周辺で製造される有田焼きは、明治時代に広く使われるようになりました。

毎年ゴールデンウェーク中に開催される「有田陶器市」(※)では多くの店が並び、全国各地から来場者で賑わいます。佐賀県有田町の一大イベントです!

※“有田町 公式HP”参照

富士山をモチーフにした人気の高い陶磁器は、湯呑や酒器としておめでたいイベントにおすすめ♪

【有田の棚田米】 白米10kg梅崎農園

曲線美を描いた棚田は山間部の土地を有効活用するために、長年の工夫と苦労から生まれてた階段状の水田です。山谷地区で多く見られ、おいしい水で育てられた食物がそろいます。

国見連山の清流で育った有田町生まれの棚田米は、冷めても美味しいので炊きたてはもちろん、おにぎりにして食べるのもおすすめ! 化学合成農薬を通常の5%以下で栽培された減農米です。

【あたりどり】もも 4kg ブランド鶏

有田町の自然で餌からこだわり育てられたありたどり。
植物原料の飼料とケルプ乳酸発酵混合飼料で育てられています。(ケルプとはハーブの一種として認められた昆布のこと)(※)

※“ありたどり ありた株式会社 公式HP”参照

ももはタンパク質や脂肪が多く引き締まった部位です。カレーやローストチキン、照り焼き、煮物、唐揚げにおすすめ。

  • 470
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。こんなの知りたかった~!の【住まい・暮らし】のお役立ち情報や、話題の人気アイテムを厳選してご紹介します♬

LIMIA トレンドライフさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア