ガス代が安くなる!話題のガス給湯器【エコジョーズ】のメリット・デメリットを徹底紹介

皆さんは【エコジョーズ】がどのような商品なのかご存知ですか?名前を聞いたことがあっても、実際のところは分からないという方も多いと思います。
今回は【エコジョーズ】のメリット・デメリットから導入の判断基準、交換目安まで徹底紹介!ガス代の節約が見込めるかもしれませんよ♪

  • 9218
  • 35
  • いいね
  • クリップ

話題の給湯システム【エコジョーズ】とは?

給湯器の交換を検討する上で【エコジョーズ】という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。

【エコジョーズ】とはプロパンガスや都市ガスなどのガスを熱源とした給湯システムで、従来のガス給湯器と比べるとエネルギーの無駄を省いた効率の良い給湯システムです。

ガス給湯器の仕組みを簡単に説明すると、ガス給湯器はガスを燃焼させて発生した熱を使用して一次熱交換器内を通過する水をお湯に変えます。
そのため、お湯を作るだけなら1つの熱交換器があれば問題ありません。
実際のところ従来のガス給湯器は熱交換器を1つしか持ち合わせておらず、排熱に関しては再利用されることなく無駄にしていました。

【エコジョーズ】はその排熱を利用するために2つの熱交換器を搭載し、効率よくお湯を作れるようにしたシステムです。
仕組みを簡単に説明すると、事前にガスを燃焼させることで生まれる排熱を活用して二次熱交換器で水を少し温め、一次熱交換器内を通してお湯に変えます。

【エコジョーズ】も従来のガス給湯器同様、ガスを燃焼させてその熱を活用して水をお湯に変える商品のため、仕組み自体はそこまで大きく変わりません。
ですが、一次熱交換器で発生した熱を再利用する分、少ないエネルギーでお湯を作ることができる商品となっています。

【エコジョーズ】と従来の給湯器の費用の違い

高効率給湯器と呼ばれる【エコジョーズ】ですが、従来の給湯器と比較すると、費用面ではどの程度違いがあるのかご存知ですか?

ここでは初期費用や1年あたりのガス料金について比較しながら紹介します。

※24号フルオートの場合を例としています。

初期費用の差を考えると8万円程度の差であり、1年あたりのガス料金の差は約2万円です。

ここで紹介している各種金額はあくまで目安のため、実際には複数の専門業者より現場調査、見積もりを貰った上で比較して判断するようにしてください!

また、ガス料金についてもお住まいの地域やガス会社、ガス種によっても異なるため専門業者に相談する事をおすすめします。

エネルギー面を確認すると
・熱効率:約15%向上
・ガス使用量:約13%削減
・CO2排出量:約13%削減
となっていて、環境にも優しい給湯器である事がわかります。

初期設置費こそ従来型の給湯器よりも高いですが、4年を目安に差がなくなり、それ以降は毎月節約しながら使う事ができ、エネルギー面においても優秀なのがエコジョーズです。

もちろん家族構成や使用する年数によっては従来型の方が良い場合もあるため、必ずしもオススメできるわけではないのですが、給湯器の入れ替えを検討されている場合には参考にしてみてくださいね♪

【エコジョーズ】のメリット&デメリット

【エコジョーズ】のメリット

従来よりも少ないガス消費量で効率よくお湯を沸かせる
前述で触れている通り【エコジョーズ】はガスの消費量が従来の給湯器に比べると少なく、とても効率が良いです。

CO2の排出量が削減できる
従来の給湯器と比べると約13%のCO2削減を見込めるため環境に優しい給湯器です。

プロパンガスを使用している場合、ガス代が安くなる
一般的に都市ガスは費用が安いため、ガスの使用量が少ない【エコジョーズ】と従来型の給湯器を比較してもそこまでガス代の差が大きくありません。
ですが、プロパンガスの場合にはガス会社にもよりますが一般的には費用が高いため、ガスの消費量が少ない【エコジョーズ】を取り入れることでガス代が安くなります。

設置費用が安く、ランニングコストとのバランスが良い
【エコジョーズ】はエコキュートなどの給湯器と比べると初期費用が安く、経済的なメリットを生み出すまでにかかる期間も短いため、ランニングコストとのバランスが良いです。

お湯がなくなることがない
電気温水器やエコキュートはタンクに貯めているお湯がなくなるとお湯が使えなくなってしまいますが、【エコジョーズ】の場合には使えるお湯の量に制限がないため安心して使用することができます。

水圧が高い
給湯器には直圧式と貯湯式の2種類があり、直圧式は水とお湯の圧力がほぼ同じになる仕様の給湯器で貯湯式はお湯の水圧が弱くなる給湯器です。
【エコジョーズ】は直圧式の給湯器のため、現在の水の圧力が弱くない限り、水圧が高い状態で使用する事ができます。

狭いスペースに設置可能
【エコジョーズ】は従来型のボイラーと同様に多様な設置方法があります。
そのためエコキュートや電気温水器のように広いスペースが必要なく、狭いスペースでも十分に設置可能なため汎用性があります。

飲用できる
貯めているお湯を使うのではなく、お湯を使う際に水道水を沸かしてお湯にするため衛生面でも優れていて、飲用することができます。

【エコジョーズ】のデメリット

ドレン水の排水管を設置しなければならない
ガスを燃焼させて発生するドレン水は通常酸性ですが、【エコジョーズ】内に中和器が備え付けられているためドレン水は中性として排出されます。
そのため、人体に害はないですが適切な処理をする必要があるため、排水につなぐための配管工事が必要になります。

本体価格が高い
従来型の給湯器と比較するとどうしても本体価格が高価な場合が多いです。

節約できるのは給湯のガス代だけ
環境に優しくガス代の節約が可能な【エコジョーズ】ですが、あくまでもお湯に関するガス代のみ節約できる商品です。節水などに繋がるわけではないため注意しましょう。

設置場所によっては酸性の排気ガスのためNG
【エコジョーズ】は従来の給湯器よりも熱効率が高いため多くの湯気が出ますが、この湯気が酸性のためアルミサッシなどの金属が腐食してしまう恐れがあります。
隣家が近いなど、影響を及ぼす可能性がある場合には設置しないほうが好ましいでしょう。

10年に1度部品の交換が必要
前述した中和器は炭酸カルシウムを使用して中和しているのですが、寿命が約10年です。
そのため、10年後には中和器の交換が必要になります。

一人暮らしは元が取れない
ガスの使用量がもともと少ない場合にはメリットとなるガス代の節約の恩恵を受けにくいです。
そのため、【エコジョーズ】を入れたものの従来型の給湯器の方が実は経済的によかったという場合もあるため気をつけましょう。

【エコジョーズ】を選ぶ判断基準

家族の人数は多いのか?
前述した通り一人暮らしの場合にはエコジョーズを設置しても、削減できるガス代が少ないため、恩恵を受けにくいです。
実際に家族の人数が多ければガスの使用量が多くなるため、削減できるガスの使用量も増え、コストの差が明確になります。
目安として、4人家族以上でガス代が高いと感じている場合にはエコジョーズを選んでみても良いでしょう。

10年間使用するのか?
前述の費用比較の際にも触れましたが、エコジョーズは4年以上使用することで初期費用分をカバーし、経済的なメリットを生み出します。
そのため、使用する年数が短い場合には初期費用分のカバーを考えるとメリットを得られにくいです。
10年で中和器の交換が必要になる可能性があるものの、10年程度使用する見込みがある場合にはエコジョーズを取り入れる価値がありますので検討してみてください。

ガス温水式の床暖房・浴室暖房乾燥機を使用しているか?
ガス会社によってはガス式温水式の床暖房や浴室暖房乾燥機、エコジョーズを使用することで割引を受けられるプランを準備している場合があります。
エコジョーズは基本的に従来の給湯器と比較すると初期費用が高いもののランニングコストは安く優秀であるため、そこに割引を受けられる条件がある場合にはエコジョーズを導入することをおすすめします。

プロパンガスを利用しているか?
プロパンガスは都市ガスと比べるとガスの使用料金が高いです。
そのためプロパンガスを使用している場合には、ガスの使用量の削減に伴う節約効果が大きくなります。
現在プロパンガスを利用していてガス代を削減したい場合にはエコジョーズの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

【エコジョーズ】への交換費用

【エコジョーズ】への交換工事は既存機器の撤去、処分、商品本体及び付属品、新規機器設置が主な内容となります。

一般的な【エコジョーズ】を設置する際にかかる費用の内訳をご紹介します!

リモコンなどの付属品については大きく変わらないですが、商品本体においては号数や機能によって大きく金額が変わる可能性があります。

また、給湯器の設置だけではなく、配管のやり替えなど別途付帯工事が発生する恐れがあるため、複数の専門業者に現場の調査をしてもらい、見積もりを提出してもらって判断するようにしましょう。

複数業者から見積もりを取ることで工事の内容や金額の相場も掴む事ができるためおすすめです。

【エコジョーズ】の耐用年数

【エコジョーズ】の寿命

【エコジョーズ】の耐用年数は、標準的な使い方をすれば約10年と言われています。
10年という期間はあくまでも目安で、使用頻度や使い方によって交換時期は異なりますが、大半の給湯器が約10〜15年で寿命を迎えるでしょう。
異音や不具合が見られる場合は、耐用年数を待たずに交換することをおすすめします。

そして、10年を経過した給湯器が故障した場合は、交換部品が生産終了していることも少なくありません。
【エコジョーズ】の修理を希望しても、対応してもらえないケースがあるということを頭に入れておきましょう。

また、修理対応をしてもらっても修理費用がかさむこともあり、買い換えた方が経済的な場合もあります。

【エコジョーズ】が壊れる原因

経年劣化による故障
エコジョーズの耐用年数は約10年だと言われています。
そのため、エコジョーズが故障する原因の一つは、寿命を超えた使用による経年劣化です。
耐用年数を超えると、エコジョーズ内部の部品が損傷する、パッキンが摩耗するなどが起こりやすくなります。
メーカーによっては、耐用年数の範囲内であれば無償で交換・修理を行ってくれる場合もあるでしょう。

しかし、経年劣化により耐用年数を超えて使用している場合は、有料で修理・交換となることも考えられます。
寿命までエコジョーズを使った場合は、故障部品を交換して使い続けたとしても、また別の箇所が壊れるなどの不具合が起きやすくなります。
修理よりも交換したほうが、経済的である場合も少なくありません。

使用環境による故障
エコジョーズが故障する原因の一つは、使用環境によるものです。
エコジョーズ本体は、屋外環境に設置するため、必然的に雨や風の影響を受けます。

また、給湯器からは排気が出るため、排気カバーや配管カバーの設置がおすすめです。
エコジョーズ本体の給排気をスムーズに行うことで、給湯器本体の負担を減らせます。

中和器の故障
エコジョーズには他の給湯器にはない中和器という部品があります。
酸性のドレン排水を内部の炭酸カルシウムによって中和させる部品です。
中和器は、エコジョーズ本体よりも故障しやすく交換時期が早く訪れるケースが多くみられます。

【エコジョーズ】の修理費用

【エコジョーズ】の修理・点検にかかる費用は、故障原因にもよりますが、約7,000円〜約17,000円程度が相場です。

【エコジョーズ】の燃焼部品の不具合であった場合は、約1,700円程度です。
電装系や安全装置系の部品の交換は約7,000円〜約10,000円程度かかります。
水制御系の不具合は約10,000円~約15,000円程度、操作リモコンの不具合は約15,000円~約17,000円程度で修理できる場合が多く見られます。

また、修理費以外にも、出張費が約5,000円程度かかったり、設置場所やお住まいの地域によっても費用が変わる場合があると考えておきましょう。

【エコジョーズ】の交換目安

給湯器から異音がする
給湯器はお湯を沸かすときに音が出る機器ですが、今までとは明らかに違う音や、小さな爆発音などが聞こえたら故障の可能性があります。
例えば、点火する際に「ボンッ」という小さな爆発音が頻繁に起き、部屋がガス臭い状態になった場合は不完全燃焼を起こしガス漏れを起こしている可能性も捨てきれません。
また「ピー」という笛のような音が出る場合は、空気とガスのバランスの崩れやファンモーターという部品の故障が考えられます。業者に依頼して、修理や交換を行いましょう。

給湯器から煙が出る
エコジョーズから出る白い煙は排気に混ざった水蒸気ですが、黒い煙には要注意です。不完全燃焼を起こしている可能性があり、危険が伴います。
また、ガス臭いなどの異臭が発生する、追い焚きの臭いが気になるといったトラブルも、早急に業者に修理を依頼するか、交換を検討しましょう。

給湯温度が揺らぐ
給湯器の水の温度が熱すぎたり冷たくなったりと安定しない場合は、水栓器具の不具合などが起こっている可能性があります。

お風呂のお湯がぬるい
お湯は出るけれど、ぬるいままで適温まで上がらないことがあります。
この場合は、循環フィルターの目詰まりや、ガス栓・止水栓の故障がみられる場合も考えられます。

お風呂の追い炊きができない
お風呂の追い焚き機能が使えない場合は、循環フィルターやポンプの故障が考えられます。

「ハピすむ」で無料見積もりしてみよう!

【エコジョーズ】の「費用・工事方法」はリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。
そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということです!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」
「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい…」
そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービス【ハピすむ】のご利用をオススメします♪

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しているので、【エコジョーズ】を検討している方も安心してご利用いただけますよ!

【見積もり比較】リフォーム会社紹介|ハピすむ [PR]

  • 9218
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア