【100均】ダイソーのソーラーライトが300円なのにすごい!人気3種レビュー&リメイクアイデア

ダイソーのソーラーライトを紹介します。本格的と話題にのアイテムから、人気の300円の埋め込みタイプのソーラーライト2種と、吊り下げタイプ1種を実際に購入して使用レビュー。寿命や「つかないのでは?」という不安や防水や、電池交換できるかなど気になる疑問にもお答えします。さらにダイソーのソーラーライトを活用したリメイクアイデアも紹介します。

  • 32941
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ダイソーのソーラーライトが本格的でおしゃれ!

提供:LIMIA編集部

SNSでも「おしゃれ!」話題になっているダイソーのソーラーライト。価格帯は大きく分けると100円、200円、300円の3種類です。

似たようなガーデンソーラーライトの平均価格は複数個セットで4,000円前後。それと比べると1個単位から購入できるので数を調節しやすい上に、とってもリーズナブルなんです!

そこで気になるのが実際の使用感。今回はダイソーのソーラーライトの中でも人気の3種類を実際に購入してきたのでご紹介いたします。

ダイソーで買える主なソーラーライトの種類一覧

ダイソーの公式ネットストアで確認できるソーラーライトの種類を一覧でまとめました。

種類

サイズ展開

カラー展開

価格(税込)

掛けるソーラーライト

11×4.4×11cm

-

220円

ソーラーライト(デザイン)

6×32.5×6cm

長方形デザイン、三角型デザイン

220円

吊るソーラーライト(デザイン)

6×11×6cm

-

110円

ソーラーライト(炎ゆらゆら)

11.5×42.5×11.5cm

-

330円

ソーラーライト(埋め込み型)

11.5×12×11.5cm

-

330円

ソーラーガーデンライト

5.5××36.5cm

-

110円

ソーラーガーデンライト(スポットライト)

8×13×27.5cm

-

330円

ソーラーガーデンライト(置き、テラリウム)

8.2×8.2×13.5cm

虹の玉、モナンテス、ハリーバターフィールド、マクドガリー

550円

ソーラーガーデンライト(ステンドグラス風)

38.5×7.5cm

青系、赤系、黄系

330円

ソーラーガーデンライト(吊り、電球型)

15×15×13cm

-

330円

ソーラーガーデンライト(石目調)

5.1×36×5.1cm

-

110円

吊るソーラーガーデンライト(モザイクガラス)

6×6×10cm

ブルー 、レッド

330円

ソーラーガーデンライト(ステンレス、31cm)

4.5×4.5×31cm

-

110円

ソーラーガーデンライト(吊りタイプ、ステンドグラス調)

6.5×0×10.5cm

ブルー、赤、シルバー

330円

ソーラーガーデンライト(長角型、10cm)

6×6×10cm

-

110円

ソーラーガーデンライト(長角型、29cm)

6×6×29cm

-

220円

ガーデンライト(蕾)

9.8×9.8×42cm

-

220円

スポットライト

5.5×4.5×37.5cm

-

220円

ガーデンライト 置き型(スポットライト)

8×27.5×13cm

-

330円

LIMIA編集部
スタッフ
ダイソー系列店のアイテムもチェック!
他にもダイソーの姉妹店である『THREEPPY(スリーピー)』で550円(税込)で『ソーラーガーデンライト(置き、テラリウム)』という商品も販売されています。

ずっと眺めていたい癒やしライト!『ソーラーライト(炎ゆらゆら)』

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:ソーラーライト(炎ゆらゆら)
  • 価格:330円(税込)

はじめにご紹介するのは『ソーラーライト(炎ゆらゆら)』。

提供:LIMIA編集部

地面に挿す前にいくつか準備が必要です。まずはライトカバーを回して外し、スイッチを「ON」にしましょう。ONにした状態にすることで充電・点灯します。

提供:LIMIA編集部

また購入時はピック部分がポールの中に収納されているので、必ずセットし直しましょう。筆者ははじめ気がつかず無理やり地面に挿していました……。

正しくセットすれば、ピックの先が尖っているのでサクッと地面に挿すことができますよ。

提供:LIMIA編集部

夜になると自動で点灯。写真ではややわかりにくいのですが、商品名通り炎がユラユラとゆらめいているように見えます。

明るさはぼんやりと照らしてくれる程度ですが、温かみのあるオレンジ色の光とユラユラと揺れる様子に癒やされること間違いなしですよ!

ひとつでも十分おしゃれですが、複数買いして等間隔に並べるのもおすすめです。

埋め込みタイプはスタイリッシュ!『ソーラーライト(埋め込み型)』

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:ソーラーライト(埋め込み型)
  • 価格:330円(税込)

続いてご紹介するのは『ソーラーライト(埋め込み型)』。先ほどのよく見るガーデンライトとは違い、地面に埋め込む形のソーラーライトです。

提供:LIMIA編集部

セット内容はピックパーツが2つとライトがひとつ。使う前にまずは準備をしましょう。

ピックパーツを組み立て、ライトにセット。スイッチを「ON」にしたら、地面に挿しましょう。

このときにライト本体を強い力で押すと破損につながるので注意してくださいね!

提供:LIMIA編集部

点灯した様子がこちら。ソーラーライトがそのまま剥き出しになっている無骨なデザインですが、実際に使ってみるとなじみがよく元から埋め込まれているかのようです。

また明るさですが先ほどの『ソーラーライト(炎ゆらゆら)』よりも明るい印象。白っぽい光なのでより明るく感じるのかもしれませんね。

吊り下げるタイプはアウトドアにもぴったり!『吊るソーラーガーデンライト(モザイクガラス)』

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:吊るソーラーガーデンライト(モザイクガラス)
  • 価格:330円(税込)
  • カラー:ブルー、レッド

最後に紹介するのは『吊るソーラーガーデンライト(モザイクガラス)』。元々は同じシリーズの「ステンドグラス」を購入予定だったのですが、2022年3月時点では売り切れで入手できず。そっくりなデザインのモザイクガラスを購入しました! ネットストアの商品ページで見るとほとんど同じ柄で、ステンドグラス柄にはシルバーカラーもあったようです。

提供:LIMIA編集部

ほか2つと比べると準備はほとんどなくスイッチを「ON」にするだけ。手軽に使えるのがうれしいですね。

提供:LIMIA編集部

点灯している様子がこちら。モザイクガラスの部分から光がキラキラと漏れるようなタイプです。そのため光量は弱く、明るく照らすものというよりもデザインとして楽しむもののようです。

お庭や玄関先にはもちろん、アウトドアなどでも大活躍してくれること間違いなし♪

フックなどがあれば壁掛けすることができるので、玄関ドアなどに飾ってもいいですね。

気になる防水性や寿命は?電池交換ができるって本当?

提供:LIMIA編集部

外で使うアイテムということでまず気になるのが防水性。説明書には「雨などによる浸水や積雪のない場所、湿気の少ない場所、落下など危険のない場所に設置してください。」「水没する可能性のある場所では使用しないでください」との記載がありました。

防水という表記はありませんでしたが、通常の雨程度であれば問題なく使うことができそうです。

また寿命ですが3商品ともに「フル充電をしても点灯時間が短くなってきた場合は寿命です。」との記載が。明確な寿命の表記がないためわかりませんが、あくまで330円(税込)というリーズナブルな商品なので、年単位で使いたいという方には向かないかもしれませんね。

提供:LIMIA編集部

さらに気になるのが電池交換。ソーラーライトではありますが、『ソーラーライト(炎ゆらゆら)』に乾電池が入っているのが見えますね。

電池交換すれば長く使えるのでは?と思い説明書を読んでみたのですが、とくに電池交換の記載はありませんでした。基本的には寿命がきたら買い換える使い捨てタイプのようです。

長期のランニングコストを考えるとコスパは低くなりますが、気軽に購入できる価格帯なのではじめて購入するソーラーライトにおすすめですよ♪

ダイソーのソーラーライトをリメイク!真似したいアイデア

ここからはダイソーで購入できるソーラーライトを活用したアイデアをご紹介! ぜひ挑戦してみてくださいね。

季節に合わせてリメイクしてみよう♪

まず紹介するのはlovekuma_emilyさんのアイデア。なんとダイソーで購入した『ソーラーガーデンライト』と『ミニバケツ パンプキン』、『ミニバケツ ゴースト』を使ってハロウィンライトを作成したのだとか……!

さっそく作り方をチェックしていきましょう。

ソーラーライトのライトカバーを取り外し、ポールを差し込む側をミニバケツの底にあてマジックペンなどでサイズをとります。

あとはカッターでくり抜き、バケツの中にライトカバーを戻してセットするだけ!

あっという間にかわいいハロウィンライトに変身しました! 改造したあともミニバケツを外すだけで元に戻すことができるので普段使いすることもできますよ。

特別な工具などは必要なく、家にあるもので真似ができるのがうれしいですね。

▼くわしい作り方はこちらをチェック!▼

ダイソーのソーラーライトで玄関先や庭をステキ空間に

提供:LIMIA編集部

今回はダイソーで購入できるソーラーライトをご紹介しました。330円(税込)と、ダイソー商品の中ではやや高額ですがクオリティもかなり高いので、この値段なのもうなずけます

むしろリーズナブルすぎて不安になってしまうレベルです! いきなり本格的なアイテムを購入するのはちょっと不安……という方におすすめですよ。

またLIMIAでは室内で使いたいダイソーのおすすめライトもご紹介しています。こちらもあわせてチェックしてくださいね。

▼ダイソーのおすすめ商品をもっと見る!

※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年3月)に基づいたものです。
※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2022年3月)に基づいたものです。

  • 32941
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

100均のデイリーランキング

おすすめのアイデア