【2022年版】包丁研ぎ器おすすめ人気ランキング15選!シャープナーや砥石、研ぎ棒タイプ

包丁研ぎ器は、包丁の切れ味を復活させてくれる便利なアイテム。包丁研ぎ器には砥石タイプのもの、シャープナータイプのもの、研ぎ棒タイプのものなどさまざまな種類があります。さらに、手早く削ることができる電動タイプや丁寧に削ることができる手動タイプのものなど、自分にあった包丁研ぎ器を選ぶのはなかなか難しいですよね。そこで今回は、包丁研ぎ器の選び方のコツとともにおすすめの人気商品をLIMIA版のランキング形式で紹介。手軽に使えるものから本格的なものまで自分にあった包丁研ぎ器がきっと見つかりますよ!

  • 144232
  • 244
  • 0
  • いいね
  • クリップ

包丁の切れ味が悪くなったら、「包丁研ぎ器」の出番!

「切れなくなった包丁、もう寿命かな?」そう思ったことはありますか?
刃こぼれしてしまっている包丁でも、きちんと研いでメンテナンスしてあげることで、ほとんどの包丁がまた元の切れ味に戻り、使い続けることができるのです。今まで研がずに寿命と決め、捨ててしまっていた方も、ぜひこれをきっかけに1本の包丁を長く使い続けてみましょう。

今回は、そんな「切れなくなった」包丁に、元の切れ味を取り戻す包丁研ぎ器の選び方や使い方をご紹介。プロの料理人の方が使うような本格的なものから初心者の方でも使える簡単なものまでさまざまな種類がある包丁研ぎ器の中から、自分の使い方に合った1本を見つけましょう!

選び方1. 包丁研ぎ器の種類を確認する

包丁研ぎ器は、砥石、シャープナー、電動式シャープナー、研ぎ棒などの種類があります。丁寧に研ぐことができる砥石や、手軽に研ぐことができるシャープナーなどそれぞれ特徴が異なります。自分にあった包丁研ぎ器の種類を見つけてくださいね。

砥石

素人では扱うのが難しいイメージの「砥石(といし)」ですが、最近では補助具などが付属されているものもあります。そのため慣れれば、鋭い切れ味を持続させることができます。砥石には荒砥石、中砥石、仕上げ砥石の3種類があり、粒子の大きさで分けられています。家庭用としては中砥石さえあれば十分です。

シャープナー

「シャープナー」は「砥石」と違って削るのではなく、こすることで刃を研ぎ、切れ味を戻します。多くはハンディタイプになっていて、「砥石」よりも手軽で簡単に扱うことができ、そして素早く研ぐことができます。また、手軽に購入できる商品も豊富。初心者の方でも扱いやすいのが魅力ですよ。

しかし、手軽に使えるメリットがある反面「砥石」ほど切れ味を持続させることは難しいので、切れ味をできるだけ長持ちさせたい方は「砥石」をおすすめします。

電動式シャープナー

電動式の「シャープナー」は包丁の刃に当たる部分が回転し、包丁を動かすだけで包丁の切れ味を復活させくれる優れもの。電動式は効率よくスピーディーに研いでくれるので、メンテナンスが楽チン。

簡単に切れ味を復活させてくれるため、包丁研ぎ初心者の方にぴったりです。しかし「砥石」や「シャープナー」に比べて、価格はお高め。多少値段は張っても、包丁研ぎに時間と手間をかけたくない方や、包丁研ぎ器を使うのが初めての方におすすめですよ。

研ぎ棒

研ぎ棒は、ヤスリのような形をしている棒状の包丁研ぎ器です。研ぎ棒の使い方は、片手に包丁研ぎ器を持ち、反対側の手に包丁を持ちます。そうして刃の部分と棒の面部分を一定の角度で撫でるように研いでいきます。両手を使って包丁を研ぐ必要があることや、角度を調節しなければいけないため、慣れが必要です。コンパクトで収納しやすいのがうれしいポイントですよ。

使っている包丁の種類を確認する

「せっかく包丁研ぎ器を購入したのに、使えなかった……」なんてことにならないように、包丁研ぎ器を購入する前に自分が使っている包丁の素材を確認しましょう。包丁にはステンレス、セラミック、チタンなどさまざまな種類があります。

さらに、包丁のサイズによっても選ぶべき包丁研ぎ器は異なります。果物ナイフのような小さめサイズの包丁にはコンパクトなものを、出刃包丁のような大きめサイズの包丁には本格的なものを選ぶといいですよ。

包丁の種類はサイズ・素材によって使用できる包丁研ぎ器が異なります。自分が使っている包丁が使える包丁研ぎ器を見つけてくださいね。

包丁研ぎ器の収納場所を確認する

包丁研ぎ器を購入したけれど収納する場所がない……という事態を避けるためにも包丁研ぎ器を選ぶときには、包丁研ぎ器を収納する場所を考えましょう。気づいたときにすぐ包丁を研げるように出したままにしておきたいか、すっきりさせるためにコンパクトに収納しておきたいかを考えましょう。

今ではキッチンに出したままにしていても目立たないおしゃれなタイプの包丁研ぎ器や、引き出しにしまえるようなコンパクトなタイプの包丁研ぎ器もあります。収納したい場所に合わせてサイズを選ぶのがおすすめですよ。

包丁研ぎ器人気ランキング15選

包丁研ぎ器は、本格的にメンテナンスできる砥石タイプのものから手軽にメンテナンスできる電動タイプのものまでさまざまな種類があります。包丁研ぎ器は種類によって使い方や使い勝手が異なり、どれを選ぶか迷ってしまいがち。ここからは、人気の高い包丁研ぎ器をランキング形式でご紹介します!

Bruck
ブルック砥石#1000
2,100円(税込)
初心者におすすめの砥石
こちらは、砥石初心者でも挑戦しやすいと評判の砥石です。使い方は、まず砥石を5分ほど給水させます。給水させて滑りを良くした状態で研ぐとよりきれいに研ぐことができます。2段階の砥石で研ぐとプロ並みの切れ味に仕上がりますよ。包丁だけではなく、ナイフやはさみにも使うことができますよ。
サイズ
18cm×6cm×28cm
重さ
600g
素材
コランダム
特徴
コンパクトで持ち運びにも便利
グローバル
スピードシャープナー
1,320円(税込)
4
4 Stars
814件)
両刃ステンレス包丁専用の研ぎ器
両刃ステンレス包丁専用の研ぎ器で、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴的。研ぎユニット部がセラミック製の錆つきにくいタイプです。砥石で研ぐのが面倒という方にぴったりなシャープナーですよ。手のひらサイズのコンパクトさが魅力。キッチンの引き出しにも収納しやすいことや初心者でも簡単にお手入れできるのがうれしいですね。
サイズ
1.5cmx 2.5cm x10.5 cm
重さ
65g
素材
ステンレス(本体)、アルミナセラミックス(研ぎ部)
特徴
コンパクトで収納しやすい
貝印
シャープナー 関孫六 ダイヤモンド&セラミックシャープナー 両刃用 AP0308
1,282円(税込)
4.1
4.1 Stars
50件)
持ち手がゴムでしっかり固定できる!
性質の違う3種類の砥石が1つになっていて、3つの工程を経ると、切れ味がよみがえります。収納時に便利な保管用のカバーも付いています。収納時もゴミが入らず安心ですね。切れ味が簡単によみがえるのも◎。
サイズ
14.1cm×5.1cm×5.5cm
重さ
96g
素材
砥石(ダイヤモンド砥石・セラミック砥石)
特徴
3種類の砥石が1つになっている
シャプトン
砥石 刃の黒幕 #1000
3,080円(税込)
4
4 Stars
346件)
研磨力の高さが魅力の砥石
切れ味が落ちてきた際にメインで使用する砥石。こちらの砥石は研磨剤の含有率が高く、研削力が強いのが特徴です。短時間での刃付けが可能です。使用の際に水に浸す必要がなく、5分~10分程度の浸水で使えるのも◎。使用した部分だけヘコんでいくので、その際は修正砥石等でメンテナンスをしてくださいね。
サイズ
21cmx7cmx1.5cm
重さ
砥石のみ560g、砥石&ホルダー670g
素材
セラミック砥石
特徴
研磨剤の含有率が高く、研削力が強い
コパ・コーポレーション
バウンディングエックス シャープナー 両刃用 レッド ブラック レジェンド松下 くらしの応援クーポン
1,980円(税込)
4
4 Stars
137件)
さまざまな形の包丁にも合う砥石
包丁の形に合わせて砥石がバウンドする少しおもしろい形をした研ぎ器。バウンドすることで砥石が包丁を研磨し、職人並みの切れ味に仕上げます。両サイドにはグリップがついており、右利き左利きどちらでも使いやすいデザインになっています。また、粗めと仕上げ2段刃付けになっていて研ぎやすいです。包丁を軽く差し込んで斜めに動かすことで簡単に研ぐことができます。
サイズ
12cm×4.2cm×11cm
重さ
130g
素材
砥石(ダイヤモンド砥石・セラミック砥石)
特徴
おしゃれなフォルム
貝印
包丁研ぎ ワンストロークシャープナー AP0116
4,690円(税込)
コンパクトサイズの包丁研ぎ
砥石を使ったことがない、初心者の方にこそおすすめのこちら。ステンレス製や鋼製などの家庭用両刃包丁に対応していて、独自の砥石構造が刃先をシャープに研ぎ、鋭い切れ味に戻します。作動中は両手がふさがりますが、滑りにくく安定感のある本体のおかげでずれにくい。研ぎやすいようにいろいろな工夫が施されていますよ。さらに、手のひらサイズのコンパクトサイズなので、場所を取らず、収納スペースの確保に困りません。
サイズ
11.1cm×13.8cm×10.5cm
重さ
875g
素材
砥石スペーサー
特徴
砥石初心者でも使いやすいシャープナー
LangSheng
ナイフシャープナー3ステージシャープナー20.5cm(ブラック)
2,361円(税込)
わずか数秒ほどで包丁の切れ味が回復!
3段階のシャープニングデザインの包丁研ぎ器。粗研ぎ、細研ぎ、仕上げ研磨の3段階があり、粗研ぎは損傷したブレードを真っ直ぐに修繕してくれます。細研ぎは、ブレードのVシェープを取り戻してくれます。仕上げの研磨部分では、ブレードをきれいに磨くことができますよ。取り外しが簡単で、水洗いできるのもうれしいポイントです。
サイズ
重さ
素材
ABSプラスチック
特徴
粗研ぎ、細研ぎ、仕上げ研磨の3段階、水洗い可能
京セラ
セラミック ロールシャープナー RS-20BK(N)
1,170円(税込)
4.5
4.5 Stars
11件)
面倒くさがりな方にうってつけ!水がなくても研げる研ぎ器
包丁を研ごうと思ったらそれなりの準備をしなくてはなりませんが、こちらの研ぎ器は水なしでも研げるので思いついたときにすぐ研ぐことができます!面倒くさがりな方にピッタリな研ぎ器です♪ また、ステンレス、銅、チタンなどいろいろな材質の包丁が研げます。材質が違う包丁を数種類持っている方にもおすすめですよ。
サイズ
15.8cm×5.8cm×5.7cm
重さ
65g
素材
砥石(ファインセラミックス)
特徴
押して引いて約10回。荒研ぎと仕上げ研ぎが一度にできる
京セラ
ファインシャープナー電動研ぎ器(金属刃物用) SS-30
1,800円(税込)
3.5
3.5 Stars
12件)
たった30秒でよみがえる!手軽な電動研ぎ器
研ぎ器にも便利な電動式があります。たった30秒で切れ味が復活するという夢のような研ぎ器です。電動と聞くと少し怖いと思う方もいるかもしれませんが、電動歯ブラシの原理を使っている仕様なので、挑戦しやすいです。包丁研ぎ用のガイド付きで、初心者の方も簡単。ガイドに沿って押したり引いたりするだけで研ぐことができますよ。さらに、包丁以外の刃物にも使うことができます。一つ持っていると重宝するアイテムですね。
サイズ
20.1cmx 15.1cm x 10.1cm
重さ
181g
素材
砥石(ファインセラミックス)
特徴
いろいろな刃物を研ぐことができる
プロビジョン
万能研ぎ器ソリング 赤・(黄) SOL-RY
3,569円(税込)
4
4 Stars
76件)
これがあればお家の刃物は生き返る!便利タイプの研ぎ器ソリング
こちらは包丁はもちろんのこと、はさみやニッパー、爪切りにも使える万能な研ぎ器です。刃が波を打っている刃物にも、ガーデニングで使う刃物にも対応しています。「刃物の切れ味が悪い」と感じたときに使える万能な包丁研ぎ器ですよ。
サイズ
19cm×2.7cm×7.5cm
重さ
150g
素材
タングステンカーバイド
特徴
いろいろな刃物を研ぐことができる
貝印
コンビ砥石セット #400・#1000 AP0305
2,190円(税込)
4.1
4.1 Stars
12件)
研ぎやすく、使いやすい、砥石
研ぎやすい、本格的な砥石です。合成ゴムのリブが付いているので、安定して作業することができます。また、砥石上の水(とぎ汁)を受ける溝があるので、キッチンを汚すこともありませんよ。ご使用後、砥石はホルダーにセットしたまま、水を切って、乾燥可能です。
サイズ
254×95×50mm
重さ
735g
素材
グリーンカーバイド
特徴
包丁の研ぎ方の説明文付きなので、初心者でも使いやすい
アズマ
シャープナー クレバーシャープ KS-A1
1,277円(税込)
5
5 Stars
4件)
吸着パッドで固定すれば、刃に手を近付けず安全に使える
パワーグリップでテーブルや調理台にしっかり固定することで、片手でも使いやすい研ぎ器です。タングステンカーバイトで刃を傷めず研ぐことができ、サッと研ぐだけで切れ味が復活します。テーブルや壁に吸着しやすいのも嬉しいポイントです。
サイズ
470×267×752mm
重さ
約69g
素材
スチール、ABS、ゴム、タングステン
特徴
吸着パッドで固定できるので、刃に手を近付けず安全に研げる
ティファール
インジニオ コンパクトシャープナー K26105
1,840円(税込)
サッと研いで切れ味復活させる、砥石
ステンレスナイフの切れ味を復活させる、砥石。用途に合わせた3段階の砥石で、簡単に研ぐことができます。底面ストッパーがあり、滑りにくく、安定して研ぐことが◎。使わないときはカバーを閉じてコンパクトに収納することができます。
サイズ
52×46×124mm
重さ
146g
素材
ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、砥石I/ダイヤモンド砥石、砥石II・III/セラミック砥石、底面ストッパー/熱可塑性エラストマー
特徴
コンパクトに収納可能
ZWILLING J.A. HENCKELS
ヘンケルス11299-004HIナイフ研ぎ器
1,268円(税込)
4.1
4.1 Stars
51件)
ステンレス両刃包丁専用の研ぎ器
簡単な操作で、荒研ぎとセラミックによる仕上げを同時に叶えることができます。人間工学に基づいた設計とラバー仕様の底面のため、滑らず安全に包丁を研ぐことができ、包丁本来の切れ味を蘇らせてくれますよ。ステンレス両刃包丁専用の研ぎ器で、波刃・片刃包丁には使うことができません。
サイズ
5.5×17×6.8cm
重さ
素材
ABS樹脂(本体)、セラミック+特殊スチール(研ぎ部)
特徴
ステンレス両刃包丁専用の研ぎ器
Laundly
ダイヤモンド包丁研ぎ器re-009sharpener
799円(税込)
4
4 Stars
182件)
持ちやすいグリップと三段階設計で研ぎやすい、研ぎ器
ハンドル形状で握りやすい形状の研ぎ器。使いやすく、誰でも簡単に研磨が可能です。ステンレスとセラミックスの材質で、研ぎによる刃の摩損を減らして、包丁の寿命を延長することができます。使いにくくなった包丁やナイフの切れ味が戻しながら、包丁自体も長持ちさせることができるのが魅力です。
サイズ
21.0×5.0×6.5 cm
重さ
155g
素材
ダイヤモンド
特徴
研磨部の取り外し可能

包丁研ぎ器のおすすめ商品比較一覧表

商品画像
Bruck
グローバル
貝印
シャプトン
コパ・コーポレーション
貝印
LangSheng
京セラ
京セラ
プロビジョン
貝印
アズマ
ティファール
ZWILLING J.A. HENCKELS
Laundly
商品名
ブルック砥石#1000
スピードシャープナー
シャープナー 関孫六 ダイヤモンド&セラミックシャープナー 両刃用 AP0308
砥石 刃の黒幕 #1000
バウンディングエックス シャープナー 両刃用 レッド ブラック レジェンド松下 くらしの応援クーポン
包丁研ぎ ワンストロークシャープナー AP0116
ナイフシャープナー3ステージシャープナー20.5cm(ブラック)
セラミック ロールシャープナー RS-20BK(N)
ファインシャープナー電動研ぎ器(金属刃物用) SS-30
万能研ぎ器ソリング 赤・(黄) SOL-RY
コンビ砥石セット #400・#1000 AP0305
シャープナー クレバーシャープ KS-A1
インジニオ コンパクトシャープナー K26105
ヘンケルス11299-004HIナイフ研ぎ器
ダイヤモンド包丁研ぎ器re-009sharpener
特徴
初心者におすすめの砥石
両刃ステンレス包丁専用の研ぎ器
持ち手がゴムでしっかり固定できる!
研磨力の高さが魅力の砥石
さまざまな形の包丁にも合う砥石
コンパクトサイズの包丁研ぎ
わずか数秒ほどで包丁の切れ味が回復!
面倒くさがりな方にうってつけ!水がなくても研げる研ぎ器
たった30秒でよみがえる!手軽な電動研ぎ器
これがあればお家の刃物は生き返る!便利タイプの研ぎ器ソリング
研ぎやすく、使いやすい、砥石
吸着パッドで固定すれば、刃に手を近付けず安全に使える
サッと研いで切れ味復活させる、砥石
ステンレス両刃包丁専用の研ぎ器
持ちやすいグリップと三段階設計で研ぎやすい、研ぎ器
最安値
2100
送料要確認
詳細を見る
1320
送料無料
詳細を見る
1282
送料無料
詳細を見る
3080
送料無料
詳細を見る
1980
送料無料
詳細を見る
4690
送料無料
詳細を見る
888
送料要確認
詳細を見る
780
送料無料
詳細を見る
1800
送料要確認
詳細を見る
3569
送料要確認
詳細を見る
2190
送料無料
詳細を見る
1277
送料無料
詳細を見る
1840
送料無料
詳細を見る
1268
送料無料
詳細を見る
799
送料無料
詳細を見る
サイズ
18cm×6cm×28cm
1.5cmx 2.5cm x10.5 cm
14.1cm×5.1cm×5.5cm
21cmx7cmx1.5cm
12cm×4.2cm×11cm
11.1cm×13.8cm×10.5cm
15.8cm×5.8cm×5.7cm
20.1cmx 15.1cm x 10.1cm
19cm×2.7cm×7.5cm
254×95×50mm
470×267×752mm
52×46×124mm
5.5×17×6.8cm
21.0×5.0×6.5 cm
重さ
600g
65g
96g
砥石のみ560g、砥石&ホルダー670g
130g
875g
65g
181g
150g
735g
約69g
146g
155g
素材
コランダム
ステンレス(本体)、アルミナセラミックス(研ぎ部)
砥石(ダイヤモンド砥石・セラミック砥石)
セラミック砥石
砥石(ダイヤモンド砥石・セラミック砥石)
砥石スペーサー
ABSプラスチック
砥石(ファインセラミックス)
砥石(ファインセラミックス)
タングステンカーバイド
グリーンカーバイド
スチール、ABS、ゴム、タングステン
ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、砥石I/ダイヤモンド砥石、砥石II・III/セラミック砥石、底面ストッパー/熱可塑性エラストマー
ABS樹脂(本体)、セラミック+特殊スチール(研ぎ部)
ダイヤモンド
特徴
コンパクトで持ち運びにも便利
コンパクトで収納しやすい
3種類の砥石が1つになっている
研磨剤の含有率が高く、研削力が強い
おしゃれなフォルム
砥石初心者でも使いやすいシャープナー
粗研ぎ、細研ぎ、仕上げ研磨の3段階、水洗い可能
押して引いて約10回。荒研ぎと仕上げ研ぎが一度にできる
いろいろな刃物を研ぐことができる
いろいろな刃物を研ぐことができる
包丁の研ぎ方の説明文付きなので、初心者でも使いやすい
吸着パッドで固定できるので、刃に手を近付けず安全に研げる
コンパクトに収納可能
ステンレス両刃包丁専用の研ぎ器
研磨部の取り外し可能
商品リンク 楽天市場で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る 楽天市場で見る Amazonで見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

チャレンジしてみよう!初心者でも簡単にできる包丁の研ぎ方

今まで、切れ味の悪くなった包丁を寿命と決めて買い替えていた方も、今回ご紹介させて頂いた研ぎ器を使って、ぜひもう一度切れ味のよい包丁へと生まれ変わらせてあげて下さい。使い慣れた包丁は、きっとお料理の腕も次第に上達させてくれることでしょう!

LIMIAでは包丁の研ぎ方もご紹介しています。あわせて参考にしてみてくださいね。

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年4月)に基づいたものです。
※一部の画像はイメージです。

  • 144232
  • 244
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活雑貨のデイリーランキング

おすすめのアイデア