ヘナのメリット・デメリットは?白髪染めにおすすめの製品や染め方も紹介

植物由来の成分で白髪を染められて、トリートメント効果まで得られると話題の『ヘナカラー』。しかし種類が豊富でどれを選んだらいいか迷ってしまうことも。今回は、ヘナカラーのメリット・デメリットを詳しく解説。さらに、LIMIA編集部が市販のヘナカラーを独自に調査、厳選した人気の5選を紹介します! 内容量や成分に注目したヘナカラーの選び方や染め方、気になるQ&Aなども掲載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 1569
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ヘナカラーとは?白髪は染まるの?

  • ヘナカラーは、植物の自然色素を使用
  • 髪・肌をいたわりたい人におすすめ
  • 白髪もしっかり染めることが可能

ヘナカラーの『ヘナ』とは、インドや中近東に自生する“ミソハギ科植物”の粉末のこと。このミソハギ科植物の色素を用いて染髪するカラーのことを、ヘナカラーと言います。化学薬品を使用しない自然由来の製品です。

もちろん白髪も染めることができるので、白髪を上手く馴染ませることもできます

白髪染めを『ヘナ』でするメリット

白髪染めにもおすすめなヘナカラー。そんなヘナカラーには、続けることで得られる以下の3つのメリットがあります。

  1. 1.トリートメント効果が得られる
  2. 2.髪・頭皮に負担をかけにくい
  3. 3.髪にハリ・コシを与えられる

【メリット1】トリートメント効果が得られる

ヘナにはトリートメント効果があるため、続けることで髪の指通りが良くなります。ただし、通常のヘアカラー剤からヘナカラーに変えた際、“ヘナショック”と呼ばれる髪のゴワつきを感じる場合があります。

通常ヘナカラーを数回続けることでこのゴワつきは感じにくくなっていきますが、「ヘナカラーに変えれば1回で指通りが良くなる!」というわけではないため、注意が必要です。

【メリット2】髪・頭皮に負担をかけにくい

ヘナは植物性のヘアカラーのため、化学成分で頭皮や髪が傷みやすい方にもおすすめです。ただし、逆に植物によるアレルギー反応やかぶれが出てしまう方もいるため、使用時には必ずパッチテストを行うようにしましょう!

【メリット3】髪にハリ・コシを与えられる

ヘナカラーは、髪にハリ・コシを与える効果も期待できます。トリートメント効果と同様に、続けることで徐々に効果を感じやすくなっていきます。1回目から劇的な変化を得られるわけではないため注意しましょう!

白髪染めを『ヘナ』でするデメリット

トリートメント効果やハリ・コシなどメリットの多いヘナカラーですが、以下のようなデメリットもあります。以下の項目を参考に、ヘナカラーが自分に合っているか確認しましょう。

  1. 1.染めるのに時間がかかる
  2. 2.好き嫌いが分かれる香り
  3. 3.細かいカラーは選べない

【デメリット1】染めるのに時間がかかる

ヘナカラーは植物性のヘアカラーのため、一般的なカラー剤と比べて染めるのに時間がかかります。髪質や髪の履歴により放置時間に差がありますが、1~3時間程度かかる場合が多いです。

【デメリット2】好き嫌いが分かれる香り

ヘナは草木のような独特な香りがします。化学薬品のような香りではないものの、好き嫌いが分かれる香りではあるため「匂いが苦手で続けられない」という方もいるようです。

内容量の少ないものを購入してみて、パッチテストの際に香りもチェックするのがおすすめです!

【デメリット3】細かいカラーは選べない

ヘナカラーは一般的なヘアカラー剤のように細かいカラーを選ぶことはできません。ヘナカラーの色の種類は、代表的な『ヘナオレンジ』と呼ばれるオレンジ系のほか、ヘナとインディゴを使用して染めるダークブラウンやソフトブラックなどがあります。

ブラウンやブラック系に近づけることは可能ですが、ヘナカラーで脱色することはできません

白髪染めヘナカラーの選び方

白髪染め向きのヘナカラーを選ぶ際は、以下の3つのポイントをチェックしましょう!

  1. 1.カラー
  2. 2.配合成分
  3. 3.内容量

【選び方1】カラーで選ぶ

ヘナカラーは“ヘナオレンジ”と呼ばれるオレンジ系のカラーが代表的。ヘナ100%のヘナカラーの場合、白髪だけがオレンジ色に染まります。白髪だけがオレンジと聞くと「逆に白髪だけが浮いて、目立つのでは……」と思われがちですが、やわらかい雰囲気で白髪を馴染ませてくれます

その他、“インディゴ”という植物染料を混ぜたヘナカラーならブラウン・ダークブラウン・ソフトブラックなどの暗いカラーにも染めることができます。

自分の理想の髪色に近いカラーを探してみましょう。

【選び方2】配合成分で選ぶ

ヘナカラー1回目は、“ヘナショック”と呼ばれるゴワつきやきしみを感じる場合も。

“ヘナショック”を防ぎたい方や、髪が繊細な方は、ヘナ100%ではない保湿成分配合の商品に注目して、商品を選ぶのがおすすめです。植物由来の保湿成分には“シカカイ”、トリートメント効果のある“ブリンガラーチュ”などがよく使用されています。

【選び方3】内容量で選ぶ

  • 最初は内容量が少ないものから試すのがおすすめ
  • 白髪染めに使うなら、少なめでOK
  • ヘアケア目的で日常使いするなら、内容量が多い商品が◎

白髪染めに使う場合は、白髪が目立ってきた頃合いを見て再度染めるだけなので内容量は少なくてOK。ヘアケアを重視して日常使いする場合は、内容量が多い商品を選びましょう。

白髪染めにおすすめの市販ヘナカラー5選

選び方をチェックした上で、ここからは白髪染めにおすすめのヘナカラーを5選紹介します。ヘナ専門店やオーガニック商品で有名なメーカーから販売されている人気のヘナカラーや、染まりやすさやカラー展開などに注目したおすすめの商品をLIMIA編集部が厳選しました!

ヘナカラーを選ぶ上で確認しておきたい以下のポイントも掲載しているため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 価格
  • 内容量
  • カラー展開

ナイアード|ヘナ100% 生え際ふんわりボリューム感

ナイアード
ヘナ100% 生え際ふんわりボリューム感
1,100円(税込)
4
4 Stars
49件)
カラー展開・使用感ともに◎
100%植物原料で作られたヘナカラー。化学染料・保存料・着色料などの添加物を一切使用していないところが特徴です。カラー展開は3色で、ポピュラーなヘナオレンジの他に、木藍を足した茶系と黒茶系があります。ヘナオレンジにもヘナ100%と、さらさらタイプのハーブ配合の2種類があり、ボリューム感やハリ・コシが気になる方にはヘナ100%が、傷みや手触りが気になる方にはさらさらタイプがおすすめです。
100gの価格
1,100~1,650円(税込)
内容量
100~400g
カラー展開
ヘナ100%(赤茶系)・茶系・黒茶系

ヘナ100% 生え際ふんわりボリューム感の口コミ

20代から白髪が増えてきて、普通の白髪染めは、頭皮と体に負担がかかりそう…と考えていたときに出会ったのがこちら、白髪は綺麗なオレンジに染まってメッシュが入ったようなスタイルになるのが好きで、もう10年以上リピートしています。

グリーンノート|オレンジブラウン グリーンノートヘナ

グリーンノート
オレンジブラウン グリーンノートヘナ
1,760円(税込)
4
4 Stars
100件)
ヘナカラーでも好きな色を楽しみたい方に
『グリーンノートヘナ』は20年間のロングセラー商品。植物原料100%で、無添加・無農薬のヘナカラーです。カラー展開の豊富さが魅力で、ヘナオレンジの他ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ハーバルコンセントレーション(淡いオレンジ)があります。さらに、明るいカラーに調色できるミックス用のナチュラルイエローも販売されており、「ヘナカラーでも好きな色を楽しみたい!」という方におすすめのブランドです。
100gの価格
1,650~1,760円(税込)
内容量
100g
カラー展開
オレンジブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ハーバルコンセントレーション(淡いオレンジ)・ナチュラルイエロー(ミックス用)

オレンジブラウン グリーンノートヘナの口コミ

色々使いましたが、グリーンノートのヘナが一番合います。もう習慣になっているので、2時間置くのも面倒なことはないです。きっと誰も私が白髪が多いなんて知らないと思います。お陰で若くみられています。
真っ黒すぎず赤すぎず、自然な色味です。きれいに染まります。他メーカーのヘナも使っていたことがありますが、色味、色持ち、匂い、トータルにおいてこちらが一番好きです。

ピアエンタープライズ|かの子のハーブヘナ 1番

ピアエンタープライズ
かの子のハーブヘナ 1番
3,013円(税込)
発色・香りの良さが魅力
無添加ヘナ専門店『ピアエンタープライズ』が販売するヘナカラー。ヘナの中でも高品質とされている“カティスラ リーフ”を使用しているため、発色の良さと香りの良さが大きな魅力です。カラー展開も豊富で、ライトブラウン・ブラウン・ダークブラウン・ディープブラウン・ブラック、さらに白髪をアッシュカラーに染められるアッシュグレイ※や、自分で髪色を調節できるインディゴセットもあります。

※黒髪は染まりません。
100gの価格
2,530~3,850円(税込)
内容量
50~300g
カラー展開
ライトブラウン・ブラウン・ダークブラウン・ディープブラウン・ブラック・アッシュグレイ※・インディゴセット ※黒髪は染まりません。

かの子のハーブヘナ 1番の口コミ

匂いも自然な草の良い匂い、染めてる間はホットパックのようで気持ちよく、また染めたい!と思うほど。使用してみると、こだわりの素材で作っていただいてるのがわかります。
長年ヘナを使って来て一番満足しました。サラサラになるししっかり染まっています。わたしは黒髪がトーンアップしたかわかりませんが生え際の白髪が染まっているのが嬉しいです

ヘナ物語|ヘナ物語 ナチュラルヘナ

ヘナ物語
ヘナ物語 ナチュラルヘナ
979円(税込)
4
4 Stars
168件)
100~400gまで好みの量を選べる
1989年から低価格で鮮度の良いヘナを販売し続けている『ヘナ物語』。根強い人気のオレンジブラウンはもちろん、ブラウン・ダークブラウン・チャコールグレー・インディゴブルーまであるのが嬉しいポイント。容量も100g・200g・400gから選べるため、ライフスタイルに合わせて選びやすいところが魅力です。
100gの価格
979~1,194円(税込)
内容量
100~400g
カラー展開
ナチュラルヘナ(オレンジブラウン)・ブラウン・ダークブラウン・チャコールグレー・インディゴブルー

ヘナ物語 ナチュラルヘナの口コミ

髪の毛自体がふわふわしている感じです。
白髪部分もしっかり染まりましたし、とても手触りの良い髪になりました。
それなりに匂いはするものの、植物性の匂いなのですぐに慣れるかな

三宝|テンスター ファインヘナ

三宝
テンスター ファインヘナ
990円(税込)
3.6
3.6 Stars
8件)
付属品が豊富で初心者でも染めやすい
『テンスターファインヘナ』は、植物原料100%のヘナカラー。放置時間は45分と短めなところが嬉しいポイントです。さらに、カップに入れて混ぜ合わせることができ、木製スプーン・カラーリングキャップ・手袋も付属しているため、購入後すぐにヘナカラーを楽しめるところも◎。
100gの価格
約1,513円(税込)
内容量
40g×2袋
カラー展開
ライトブラウン・ブラウン・ディープブラウン・ダークブラウン

テンスター ファインヘナの口コミ

毎月使っても半年もつ、コスパ最高 休日に3時間位放置してしっかり染めてます

白髪染めにおすすめのヘナカラー比較一覧

ここまで紹介した、白髪染めにおすすめのヘナカラー5選の比較表です。カラー展開・使用感ともにおすすめなのは『ナイアードヘナ』、発色や香りの良さを求める方には『かの子のハーブヘナ』がおすすめ。

ほかにもブランドごとに特徴が異なるので、ぜひ自分に合ったヘナカラーを見つけてみてくださいね。

商品画像
ナイアード
グリーンノート
ピアエンタープライズ
ヘナ物語
三宝
商品名
ヘナ100% 生え際ふんわりボリューム感
オレンジブラウン グリーンノートヘナ
かの子のハーブヘナ 1番
ヘナ物語 ナチュラルヘナ
テンスター ファインヘナ
特徴
カラー展開・使用感ともに◎
ヘナカラーでも好きな色を楽しみたい方に
発色・香りの良さが魅力
100~400gまで好みの量を選べる
付属品が豊富で初心者でも染めやすい
最安値
990
送料無料
詳細を見る
1431
送料要確認
詳細を見る
2172
送料要確認
詳細を見る
979
送料無料
詳細を見る
843
送料無料
詳細を見る
100gの価格
1,100~1,650円(税込)
1,650~1,760円(税込)
2,530~3,850円(税込)
979~1,194円(税込)
約1,513円(税込)
内容量
100~400g
100g
50~300g
100~400g
40g×2袋
カラー展開
ヘナ100%(赤茶系)・茶系・黒茶系
オレンジブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ハーバルコンセントレーション(淡いオレンジ)・ナチュラルイエロー(ミックス用)
ライトブラウン・ブラウン・ダークブラウン・ディープブラウン・ブラック・アッシュグレイ※・インディゴセット ※黒髪は染まりません。
ナチュラルヘナ(オレンジブラウン)・ブラウン・ダークブラウン・チャコールグレー・インディゴブルー
ライトブラウン・ブラウン・ディープブラウン・ダークブラウン
商品リンク 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る Amazonで見る Yahoo!で見る Amazonで見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る

ヘナを使った白髪染めとリタッチの方法

まず、ヘナを使って白髪染めをするときのポイントは以下、3つです。全体を染める場合もリタッチの場合も共通するので、押さえておきましょう。

  • 塗りこむヘナの量は気持ち多めにしておくと◎。
  • 気になる場合はシャンプーは2回してもOK
  • 最後のブローのときは、衣服に色移りする場合があるため注意!

白髪染めの方法

ヘナカラーを使用した白髪染めの手順は以下の通りです。

  1. 1.ヘナ(粉)に45℃くらいのお湯を加える
  2. 2.マヨネーズ状の硬さになるまで混ぜる
  3. 3.ある程度冷ましたらヘナを髪全体に馴染ませる
  4. 4.髪を頭の上でまとめる
  5. 5.ティッシュで顔周りを軽く保護して、シャワーキャップを被る
  6. 6.商品ごとに決められた時間放置する
  7. 7.十分に放置したら、ぬるま湯でヘナをある程度落とす
  8. 8.シャンプーをして、普段通りブローして完了!

細かい手順は商品により異なるため、使用前に商品情報を必ず確認してくださいね。

リタッチの方法

ヘナカラーはリタッチも可能です! 

一般的なカラー剤でリタッチするのと同様に、根本の白髪が気になる部分にヘナを塗布していくだけでOK。ヘナは植物由来のカラー剤のため、頭皮についてしまってもそこまで気にしなくていいところが◎。

ヘナカラーに関するQ&A

最後に、ヘナカラーに関するQ&Aを紹介します。ヘナカラーの効果や危険性の有無、色持ちや放置時間などの気になる点を解決しておきましょう!

Q. ヘナカラーを続けるとどんな効果がありますか?

A. トリートメント効果や、髪にハリ・コシを与えられます。

ヘナカラーは、続けていくことでトリートメント効果を得られたり、髪にハリ・コシを感じられるようになります。ただし、一般的なカラー剤からヘナカラーに変えた際、1~2回目までは“ヘナショック”と呼ばれるゴワつきを感じることもあります。

Q. ヘナには体に悪い影響や危険性はないですか?

A. ヘナは植物性の成分なので取り入れやすい染料です。

ヘナ自体に危険な成分は配合されていません。ただし、人により植物にアレルギー反応を起こしたり、かぶれてしまう可能性はあるため、使用前は必ずパッチテストをしましょう。

Q. ヘナカラーで白髪染めをしたら色はどのくらい持ちますか?

A. ヘナカラーは基本的に色落ちはありません。

ヘナカラーはヘナに含まれる“ローソニア”と、髪の主成分である“ケラチン”が結びつくことにより着色する仕組み。タンパク質を破壊することはないため、基本的に色落ちはありません

ただし、界面活性剤入りのシャンプーを使用していると徐々に色落ちしてしまうため、自然由来のシャンプーを使用するのがおすすめです。

Q. ヘナカラーで白髪染めをする際、放置時間はどのくらいですか?

A. 放置時間は商品により異なりますが、一般的に1~3時間程度です。

ヘナカラーは一般的なカラー剤に比べて放置時間が長いのが特徴。商品により異なりますが、1~3時間程度が多いです。

ヘナカラーで髪を労わりながら白髪染めしよう

今回は、白髪染めにおすすめのヘナカラーを5選紹介しました。

以下では、今回紹介した以外の白髪染め用ヘアカラーを紹介しています。気になる方は合わせて参考にしてみてください!

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2022年3月)に基づいたものです。
※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2022年3月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1569
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

ビューティー・ヘルスのデイリーランキング

おすすめのアイデア