【オスモカラー】既製のテーブルを自分で塗装し直した結果…♡

テーブルや椅子、ウッドデッキなど木製製品を自分で簡単に塗り直せたらやってみたい!でもどんな塗料を使えばいい?初心者の方はたくさんの塗料を前にくじけてしまうことも…。そんな方に是非知って欲しい!初心者の方も簡単に塗装できて、食品と同レベルの高い安全性の自然塗料【オスモカラー】をご紹介します!実はDIYユーザーから高い信頼を得ているこのオスモカラー。『木にはオスモカラー』と言われるほどなんです。その人気のヒミツとは?今回は既製のテーブルをオスモカラーで塗り直してみたビフォーアフターもご紹介♡これはワクワクが止まりません!一緒にじっくり見ていきましょう♪

  • 12151
  • 29
  • いいね
  • クリップ

DIYで話題の【オスモカラー】

DIYで何か木製のものを作る時に、木目や木の表情を生かした仕上がりにしたい
せっかく木を使うのであれば、木の良さを最大限に生かしたいですよね?
そんなたくさんの方にオスモカラーという選択があることを是非知っていただきたい!
ひまわり油などの植物油が木に深く浸透するので、木目や木の表情を生かした仕上がりに・・・
それができるのがオスモカラーです!

木にはオスモカラー!

オスモカラーは、植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)と植物ワックスからできた自然塗料です。
その最大の特長は「木の呼吸」を妨げないところ
ウレタン塗料のように表面に塗膜をはるのではなく、内部に深く浸透することによって木本来の調湿機能を発揮させ、四季を通じて心地よく健やかな住空間づくりに貢献します。

有害な化学物質を一切含まず、食品と同レベルの高い安全性を誇るから、小さなお子様のいるご家庭でも安心。木の心地よさを存分に引き出す、人と自然にやさしい塗料です。

【オスモカラー】が選ばれる理由

ここがポイント!

  1. 1.初心者でも塗りやすい
  2. 2.木を中からしっかり保護
  3. 3.安心・安全
  4. 4.木目を生かした仕上がり

1.初心者でも塗りやすい

塗装初心者の方でも塗りやすいのがオスモカラーの特長です。
「塗料をしっかり混ぜてから塗装する」「オススメの道具で塗装する」
「木目に沿って薄く塗り伸ばす」・・・など
ポイントを抑えればどなたでも簡単に塗装できます。

2.木を中からしっかり保護

オスモカラーは、植物油が木に深く浸透し、木を中から保護します。
テーブルやキッチンカウンター、無垢フローリング、または、外で使う、ウッドデッキやガーデンファニチャーなど、高い撥水性や保護性能が求められる場所でも、オスモカラーがしっかり保護しますので、安心して使えます!

3.安心・安全

オスモカラーは自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と植物ワックス(カルナバワックス、カンデリラワックス)をベースにした自然塗料です。オスモカラーは有害な化学物質やシンナーを含まない人に優しい自然塗料です。
お子さまが使うものにも塗装できます。

4.木目を生かした仕上がり

実際に塗ってみた!①100均木製小物

100円ショップなどで販売している無塗装の木製小物を
オスモカラーで塗装してみましょう!

小物入れ

素敵!しかも高見えですね!
最近の100均では無塗装の小物が多数あるので、
オスモカラーで自分の好みの色を塗って、オリジナルを作ってみましょう♪

飾りBOX

お部屋のアクセントに!
こちらもオリジナルの収納・インテリア雑貨に早変わり♡
こんな素敵な色、既製品で探してもなかなか出会えませんよね!

実際に塗ってみた!②既製の木製家具

ラッカー塗装のテーブルを、オスモカラーで塗り替えしました。
木そのままの質感が感じられる風合いに大変身しました。
オスモカラー#3101ノーマルクリアーを上塗りしたので、飲み物をこぼしても安心です。
もちろん、日々の水拭きも問題なくできます♪

【オスモカラー】テーブルのラッカー塗装を剥がしてオスモカラーで塗り替え
▼動画で使用している塗料はこちら:
オスモカラー ウッドワックス #3166チーク
オスモカラー #3101ノーマルクリアー

オスモカラーは浸透性塗料のため、もともとラッカー塗装やウレタン塗装、水性塗料のような、木に膜をはるタイプの塗装がしてあると、そのまま塗装するわけにはいきません。
もとの塗装をサンダーがけをして、剥がす必要があります。
剥がす手順など動画をチェックしてくださいね♪

ホームセンターで無塗装のテーブルを購入した場合は剥がす作業は不要です。
オスモカラーをさっそく塗装していきましょう!

準備するもの

さっそく塗装開始!

手順
1.オスモカラー ウッドワックスを塗装
2.乾燥
3.オスモカラー ノーマルクリアーで上塗り

①塗料はよーくかきませてください!

②まず大きな天板を塗っていきます
この時のポイントは「塗りすぎない!」こと
オスモカラーを木に浸透させるというイメージで塗ってくださいね♪

③脚を塗っていきます
こちらも塗りすぎないように注意!

④しーっかり乾燥させましょう!
オスモカラーの乾燥時間は約12時間以上
※気温20℃のときの乾燥時間です。

塗装に適した気温は5℃以上です
5℃未満になると、特に屋外においては木の内部で結露が起きて湿った状態となり、乾燥時間が著しく遅くなってしまいます。真冬の早朝は高い確率で結露しますので、気温の上がる日中になるまで塗装は控えた方がよいでしょう!

⑤オスモカラー ノーマルクリアーを上塗りします!
家具・建具・テーブルの塗装にはノーマルクリア―やカウンタートップオイル、フロアークリアーの上塗りがおすすめです!耐久性、撥水性、防汚性に優れ、家庭内で使われている液体などでシミになりません!

⑥乾燥させたらついに完成!!

beforeと見比べてみましょう!

Before

ラッカー塗装を剥がす前

After

この仕上がり!素敵!!
木目は生かして上品な色合いのナチュラル家具に激変しました!

カタログやサンプル請求はこちら!

塗った後にイメージと違った!ということがないように、
オスモ&エーデルでは、試し塗り用の塗料を無料で送ってくれます!

画像と異なる場合があります

【オスモカラーの塗り方】どれくらい塗ればいい?

失敗の原因は「塗りすぎ!」

オスモカラーを塗装していただく時に、失敗塗装になってしまう場合の原因の多くは、塗り過ぎです。
オスモカラーは、ひまわり油などの自然の植物油が木に深く浸透し、木を中から保護します。この、オスモカラーを木に浸透させるというイメージがポイントです。

失敗しない塗装のポイント!

固く、コシのある刷毛かオスモコテバケで、
木目に沿って薄く塗り伸ばす

のがポイントです!

バケットの平らな部分で余計な塗料をよく落としてください!

ほんの少しつけるだけで十分です!

実際に塗装してみましょう!

少量を塗り伸ばすように塗装するイメージです!

おすすめ塗装キット

オスモブラシ

狭い所や入り組んだ場所は、オスモブラシでの塗装がオススメです!
細かい部分やスミの部分を塗装するのに使用します。

オスモコテバケ

テーブルやフローリング、ウッドデッキや壁など、平らで広い面の塗装にオススメ!
床などの平らな面、広い部分を塗装するのに使用します。
取り外しできるパッドつき。

ローラーバケット

塗料をあけて使用します。
塗りすぎないように道具をしごくのに便利です。

道具の保管について

ブラシの保管
使用したバケットに刷毛洗浄液を出して、ブラシを根元までよく洗って拭いてください。
できればその後に、食器洗い用の洗剤などの中性洗剤で仕上げ洗いをしたら、よく乾かして保管してください。

ローラーバケットの保管
刷毛洗浄液を使ってウエス等で拭き取ってください。

コテバケのパッド
コテバケのパッドは使い捨てになります。
取り換え用のパッドのみの販売もしています!

【オスモカラー】施工事例ご紹介☆

木が呼吸…鳥居も呼吸!

山梨県富士吉田市「富士浅間神社」の大鳥居にオスモカラーカントリーカラープラスが使われています!

【オスモカラー】ショールーム

見て、触って、実感しよう!

見て、触って、実感できる“ドイツ流住まい”の体験スペースです。
ドイツ流住まいをトータルにご提案するオスモ&エーデル。
厳選された素材と技術力から生まれる“本物の価値”をお近くのショールームでぜひ確かめてくださいね!

ショールーム一覧

  • 本社ショールーム
  • 東京(新宿)ショールーム
  • 名古屋ショールーム
  • 東北ショールーム
  • 九州ショールーム
  • 北海道ショールーム

ショールームでできること♡

  1. 1.見る
  2. 2.塗ってみる
  3. 3.触れる
  4. 4.相談する

1.見る

オスモフローリングやオスモカラー、オスモガードなどの素材や実物を、自分の目で確かめることができます!

さまざまなフローリング樹種の違いを比較
オーク、メープル、ブラックチェリー、ウォルナットなど世界から選りすぐった銘木の個性的な風合いと色味を持つ最高級フローリング材を自分の目で確かめることができます!

木のやさしさを活かしたガーデンシステムを展示
本社ショールームにある約300m2の屋上ガーデンで、ドイツ生まれの木製エクステリアシステム「オスモガード」を見ることができます!

2.塗ってみる

オスモカラーを実際に木に塗って塗装サンプルを作れるほか、塗装の実演やアドバイスも行っています。

オスモカラー塗装を体験
お好きな木材に実際にオスモカラー塗装をして頂きます。仕上がりや色の発色は木によって異なるため、お好みのカラーになるよう塗装のアドバイスもいたします。

木と塗装の関係をわかりやすく説明
さまざまな木に塗ったオスモカラーのサンプルをご覧頂きながら、木と塗装の関係をわかりやすくご説明いたします。

3.触れる

オスモフローリングの感触や樹脂サッシや、外付けブラインドの動作などを実際に手にとって確認できます。

フローリングの手触り、足触りを実感
21mmもの厚さの天然木のぬくもりを素足で直接感じてください。
きっとお好みのフローリングが見つかるはずです!

樹脂サッシや外付けブラインドの操作を体験
内開き・内倒しのドレーキップ窓の開閉や外付けブラインドの操作を自分で体験することで、機能性、操作性が実感できます。

4.相談する

オスモ&エーデル製品について専門のスタッフがアドバイスや最適なプランを提案してくれます。

木のメンテナンスについてのアドバイス
フローリングのメンテナンスや屋外木部の塗り替えなど木のお手入れ方法や材料について、専門スタッフが実演を交えてわかりやすくアドバイスしてくれます。

新築・リフォームの設計や施工についてのご相談
ドイツ流を取り入れた心地よい住まいや新築・リフォームの設計・施工について一級建築士に相談することができます。

LIMIAでもっと見てみる!

【年末大掃除】オスモウォッシュアンドケアーで水拭き掃除

お家の中のベタベタとした汚れが気になりませんか?
皮脂汚れや油汚れなどベタベタとした汚れを水拭き掃除できれいさっぱり落とすオスモウォッシュアンドケアーのご紹介です。

オスモ&エーデル株式会社

  • 12151
  • 29
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード